Windowsの歴史 Windows 98、98SE、Me編:優れたOSを輩出したWindows 9x時代

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク)
2009-06-23 13:17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows NTとの棲み分け

 Windows 98が発売された1998年には、既に企業向けOSとしてWindows NT 4.0が登場していた。Microsoftとしては企業向けにWindows NT、家庭向けにWindows 98を売り込もうとしたようだが、必ずしも成功しなかった。

 Windows NT 4.0はプラグアンドプレイをサポートしていないため、ノートPCでの利用が面倒だったからだ。そのほか、(当時の基準では)物理メモリが大量に必要であるという欠点もあった。

 そのため、セキュリティレベルなど一定の条件を付けた上で企業向けにも展開していた。Microsoftの認定教育コースでも、Windows 95やWindows 98環境がある程度考慮されていたくらいだ。

 なお、Windows NTについては次回以降で詳しく紹介する。

Windows 98 SE

 Windows 98の翌年に発売されたのがWindows 98 Second Edition、通称Windows 98 SEである。Windows 98 SEはInternet Explorer 5.0を搭載し、DVD-ROMなどのサポート、USB 1.1対応やIEEE 1394の強化が行われたが、やはりマイナーチェンジであった。

Windows Me

 Windows 95が発売された当時、「次期バージョンはWindows NTと統合される」という噂が流れた。実際にはWindows 98というマイナーチェンジ版が発売され、Windows NT互換OSにはならなかった。

 Windows 98が登場したときも同様の噂が流れた。こちらはMicrosoftの幹部もそうした発言をしていたように記憶している(おそらくは非公式な発言であったと思う)。

 Windows 98が登場した時点で、Windows NT 4.0の発売から2年が経過しており、新バージョンの開発も進んでいた。新バージョンは当時Windows NT 5.0と呼ばれており、後にWindows 2000と命名されるOSである。

 ところが、Windows 2000の開発は難航し、1999年になっても発売時期が決定しなかった。しかも、Windows 2000はWindows 95およびWindows 98と完全な互換性を実現できないことも分かっていた。

 そこで、Windows NT系列に移行するためのツナギとして発売されたのがWindows Me(Millennium Edition)である。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]