Windowsの歴史 Windows 2.0とWindows/386編:PC/ATの登場

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク)
2009-05-12 23:16:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i386の登場

 1985年、Intelはメモリの問題と互換性の問題を一気に解決できるCPUを発表した。i386(当時は80386)である。

 i386は80286互換機能に加え、プロテクトモードに2つの大きな拡張を施した。1つは「仮想8086モード」で、もう1つは「デマンドページング方式」の仮想記憶である。

 仮想8086モードは、プロテクトモード実行中に仮想的な8086プロセスを作り出す機能である。仮想8086モードは複数作り出すことができる。

 デマンドページング方式は、仮想メモリの管理を固定長(i386では4KB)に分割する。各ページは「ページテーブル」により、物理的には不連続な領域であっても、連続領域であるかのように扱える。これにより、アプリケーションは大量のメモリを簡単に扱える(図2)。ただし、5KBしか必要ない場合でも2ページ(8KB)消費してしまうなど、メモリの利用効率は必ずしもよくない。

図2 デマンドページング方式 図2 デマンドページング方式

 このようなi386が持つ機能をWindows 2.0に取り入れたのが「Windows/386」である。Windows/386はi386搭載PC専用Windowsとして発売された。ちょうどx64専用(64ビット版)Windows XPのようなものである。

 その後、Windows Vistaで64ビット版が一般化したように、i386の機能は次期バージョンのWindows 3.0に引き継がれることになる。

  • コメント(1件)
#1 BAL9630   2009-05-14 11:16:10
当時の苦労は、懐かしさに替わっていました。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]