Windowsの歴史 Windows 1.0前夜編:MacintoshとWindows 1.0

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク)
2009-04-21 11:55:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 1.0の評価

 Windows 1.0は日本ではほとんど売れなかった。後継であるWindows 2.0ですら売れていない。Windows 2.0は1987年、Windows 3.0が1991年に発表されている。

 一方、FDがフリーソフトウェア大賞を受賞したのは1992年。詳細は次回以降に紹介するが、Windows 3.0発売直後ですら多くの人はキャラクタベースのファイラーを愛用していたのだ。

 ウィンドウシステムの実用化にはi386プロセッサの普及を待つ必要があったのだ。しかし、1985年頃「パーソナルコンピュータ」として存在したシステムは8086または80286を採用していた。

 その他のコンピュータはMacintoshがそうであったように、ハードウェアベンダーがOSを提供しており、Microsoftが入り込む余地はなかった。Compaqが世界最初のi386採用機(Deskpro 386)を発売したのは1986年だが、他社が追従しi386が一般化するのは、そのずっと後である。

 もちろん、仮にDeskpro 386専用のWindowsを作ったとしても売れなかっただろう。そして80286や8086では能力が低すぎて、やはり売れなかった。結局のところWindows 1.0は、次世代のWindowsにつなぐまでの実験システムだったと考えるべきだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]