Windowsの歴史

Windowsの歴史 Windows Server 2008 R2編:名前は「R2」でも中身は……サーバOSベンダーとしてのMSが真価を問われる製品

約半年にわたり、Windows各バージョンの歴史を振り返ってきたこの連載もついに最終回。最後に取り上げるのは、Windows 7と同時に一般販売が始まった最新のサーバOS「Windows Server 2008 R2」である。名に「R2」を冠しながらも、「単なるリビジョンアップではない」とされる同OSに隠されたマイクロソフトの戦略とは? 2009-11-06 18:40:01

Windowsの歴史 Windows Server 2008編:同じカーネルを持つ「Vista」とは対照的に早くから支持を得たサーバOS

2008年2月(日本語版は4月)にリリースされた「Windows Server 2008」は、“不遇のOS”「Windows Vista」と同じカーネルであったにもかかわらず、早くから多くの支持を得た。その理由は、Windows Vistaが「なぜ支持されなかったのか」を検討するとよくわかる。 2009-11-04 20:15:01

Windowsの歴史 Windows Server 2003 R2編:安定性と先進性の両立目指す「R2」の先駆けとなったOS

2006年に登場した「Windows Server 2003 R2」は、以前紹介したWindows Server 2003にいくつかの機能を追加したサーバOSである。あまり知名度のない製品ではあるが、実は同社サーバ製品のロードマップ上で「R2」という名称の先駆けとなったOSだ。 2009-11-02 15:02:01

Windowsの歴史 Windows 7編:Vistaの不満を解消し、XPを超える「定番OS」の地位目指す

この連載「Windowsの歴史」も回を重ね、扱う製品も過去のものからついに現在まで追いついた。今回扱うのは、2009年10月22日に一般販売が始まったばかりの「Windows 7」だ。自他共に認めるに至った「Vistaでの失敗」を繰り返さぬため、マイクロソフトが腐心したポイントはどこか。 2009-10-25 21:03:01

Windowsの歴史 Windows Vista編:UACでセキュリティ強化も結果は裏目に出た不遇のOS

クライアントOSとして長く支持された「Windows XP」の次に登場したのが「Windows Vista」である。課題となっていたセキュリティ面での機能強化などが行われたが、結果的に市場での評価は今ひとつだった。その理由はどこにあったのだろうか。 2009-10-24 23:33:00

Windowsの歴史 Windows Server 2003編:存在も機能も地味、しかし人気のOS

とにかく地味なサーバOSだったWindows Server 2003。しかし、市場での人気は高かった。本稿ではWindows Server 2003のリリースが大幅に遅れた理由と、地味だが堅実な機能について解説する。 2009-10-19 19:04:00

Windowsの歴史 Windows XP編:登場から8年--多くのユーザーに使われ続けた定番Windows

ついに今回は「Windows XP」の登場だ。マイクロソフトにとって、XPはビジネス向けWindowsとコンシューマー向けWindowsの系統を統合した点で大きな意味を持っていた。発売から8年を経た今も、多くのユーザーが愛用する定番のWindowsとなっている。 2009-10-02 17:24:02

Windowsの歴史 2000時代のいろいろ編:あなたはMCPの「ベータ試験」を受けたことがあるか?

現在では当たり前となったマイクロソフトのビジネス慣習には、実はWindows 2000の登場前後から始まったものもいくつかある。今回は、当時のWindows周辺ビジネスについて振り返ってみよう。 2009-09-16 17:30:01

Windowsの歴史 Windows 2000 Server編:「Active Directory」の実装でスケーラビリティと相互運用性を確保

サーバOSとして利用する場合、Windows NTに残された大きな課題は「認証システム」だった。マイクロソフトはWindows 2000で「Active Directory」を実装し、この問題に対処しようと試みた。 2009-09-11 09:30:00

Windowsの歴史 Windows 2000 Professional編:電源管理とPnPでクライアントOSとして支持集める

Windows NT 4.0により、Windowsサーバも一定の地位を確立したが、いくつかの課題も残されていた。「Windows 2000」は、こうした課題を解決するためのOSとして登場した。 2009-09-09 18:04:01

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ