iPhone 3Gを考える:ようやく実用レベルに達したiPhone

小山安博
2008-06-11 16:11:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよというかようやく、3G対応のiPhoneが発表され、日本ではソフトバンクモバイルから登場することが明らかになった。

 スペックの詳細はすでに様々なところで公開されているが、「iPhoneとしては」全部詰め込んだという感じ。「スマートフォンとしては」それほど目新しいスペックではない。バッテリーの持続時間は公称では長いが、これは実際に使ってみないと分からないので判断は保留といったところだ。

 仕方のないことだが、FeliCa内蔵のおサイフケータイではない点が残念なところ。普段から便利に利用しているので、メイン端末でこれがないのはちょっと困る。

 個人的にはGPSを内蔵しているのはうれしいポイントだ。GPSで取得したログのトラッキングも可能なようだが、これをPCに保存してGoogle Earthなどで経路を確認できればいい。撮影時にカメラにGeotagを付加できればなおいい。このあたりは購入後にいろいろチェックしたい部分。

 App Storeは、日本の携帯電話とWindows Mobileの中間という印象があるが、どこまで自由に開発とアプリの導入ができるかが気になるところではある。

 筆者はこれまでWindows PCとMacの混在環境だったので.Macは不要だったが、MobileMeになると、どうするかが悩ましい。ただ、ほかの(複数の企業の)サービスを組み合わせれば筆者にとって必要なことはできるので、やはり不要だろうとは思う。

 いずれにしても、これまでとは異なり日本国内でも自由に通信できるようになることで、個人的にはiPhoneがようやく実用レベルに達したというのが正直な感想。日本の携帯市場の特徴を考えればiPhoneの影響は限定的だろうが、幅広い端末が登場してくるのは素直に歓迎したい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ