iPhone 3Gを考える:Exchange対応が物語るiPhone 3Gの方向性

海上忍
2008-06-10 11:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone 3Gの「OS Xとしての機能」

 通話、音楽、インターネット。この3つの要素がiPhone 3Gのコア機能であることは異論を待たないはず。しかし、ここに収まらない要素こそ、iPhone 3Gを魅力あるものにしているに違いない。

 その1つは、独自の開発環境を備えること。これまで日本の携帯電話向けにアプリケーションを開発する場合、実質的にJava(iアプリ、S!アプリ)かC/C++(BREW)かの二者択一を迫られていたが、新たにObjective-Cベースの開発環境が提供されることになる。しかもそれが、Mac OS Xで実績を積んだCocoa APIをベースに、マルチタッチインターフェイスという独特の操作性をサポートしたものであることは、ブレイクスルーを期待しないほうが無理というものだろう。

 iPhone OS――この名称が正式なものかどうかは不明――がOS Xの機能を絞り込んだUNIXベースのものであることもポイントだ。さすがにサーバとしての機能は期待されないだろうが、各種APIが充実しているだけに、グループウェアや共有サービスに接続するクライアント機能が早々に充実する可能性は高い。

iPhone 3G iPhone 3G(提供:Apple)

「Exchange対応」が物語るiPhone 3Gの方向性

 そのクライアント機能の充実を裏付ける要素が、Microsoft ExchangeとCisco IPSec VPNのサポートだ。前者はWindows Mobile端末と競合したときの説得材料になるだろうし、後者はセキュアな通信環境(さらにWPA2 Enterprise/802.1Xもサポート)の前提となる。エンタープライズ指向であることは、iPhone 3Gが持つもう1つの顔といえる。

 以上の要素を総合すると、iPhone 3Gが「OS Xのおいしいところを濃縮 / 昇華させた携帯デバイス」であることは間違いない。ただし、携帯電話として捉えたときの諸条件――初期費用や料金プラン、筐体デザイン――を、日本のユーザが(長期的に)好意を持って受け入れてくれるかどうかはわからない。DoCoMoやauとの競争もある。まずは7月以降の販売動向に注目だ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ