iPhone 3Gを考える

iPhone+クックパッドで料理を楽しく

iPhone 3G、サービス提供者にはどう映るのか?日本最大の料理ネットワーク「クックパッド」のFounder&CEO 佐野陽光氏が語ってくれた。 2008-06-23 15:00:00

3G iPhoneを考える:3G対応で気になる電池の持ち

iPhoneの3G対応は欧州・アジア・日本市場を切り拓く原動力となりうる――「iPhoneが日本に上陸する日」の著者で、日ごろから海外の携帯電話市場をウォッチしている香港在住の携帯ジャーナリスト山根康宏氏がiPhoneの3G対応を考える。 2008-06-17 08:00:00

iPhone 3Gを考える:iPhone時代だからこそまじめに考えたいこと

iPhoneのアプリケーションは美しいインタフェースを持つことになるだろう。しかし、それからすばらしい体験を生み出すのは開発者の役割だ。 2008-06-16 12:45:01

iPhone 3Gを考える:iPhoneの変革を支える3つのインタフェース

iPhone 3Gを考える本連載。今回はデザイン・コンサルティングファームのソシオメディアでシニア・コンサルタントを務める川添歩氏が寄稿してくれた。さまざまな可能性を持つiPhoneは、私たちにどのような経験をもたらすのだろうか。 2008-06-13 12:00:00

iPhone 3Gを考える:ようやく実用レベルに達したiPhone

携帯電話をはじめとするデジタルデバイスに詳しい小山安博氏が寄稿してくれた。Windows Mobile搭載のスマートフォンを愛用している小山氏はMicrosoft好きを公言するが、それ故、同社の製品ではできないことにも詳しい。そんな氏がiPhone 3Gの第一印象を語ってくれた。 2008-06-11 16:11:01

iPhone 3Gを考える:iPhoneが提案するデザインとは

ジョブズ氏はデザインを「どのように動作するかだ」と考えているという。iPhoneが提示するデザインとは「見た目」のことではないようだ――「デザインをする人」長谷川恭久氏の本領発揮とも言える緊急寄稿。 2008-06-10 17:00:00

iPhone 3Gを考える:iPhone 3Gからはじまる悪夢

iPhoneを提供するキャリアはアップルに対して通信料の一部を提供しなければならなかった。しかし今回、アップルはiPhone 3Gでレベニューシェアにこだわらない姿勢を見せた――経営コンサルタントのエリック松永氏が、iPhone 3Gの驚きと落胆を寄せてくれた。 2008-06-10 17:00:00

iPhone 3Gを考える:WWDCの会場から黒船iPhoneが拓く世界を見る

米国の大手通信会社の思惑と、iPhoneが引き起こしたビジネスインパクトを考察する――iPhone 3Gの可能性を探る緊急連載 第2回に寄稿してくれたのは米国シリコンバレー在住のジャーナリストで、今回のWWDCを取材したYoichi Yamshita氏だ。 2008-06-10 13:28:01

iPhone 3Gを考える:Exchange対応が物語るiPhone 3Gの方向性

6月10日未明のiPhone 3G発表を機に、builderではiPhone 3Gの可能性を探る緊急連載を開始する。初陣を飾るのはアップルを長く見つめつづけている海上忍氏だ。 2008-06-10 11:30:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]