Linuxでゼロから作るメールサーバ--第8話:メールサーバの設定

サイオステクノロジー Linuxシステムテクノロジー部
2007-07-24 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

服:次は、Postfixの設定ですか?

先輩:SMTPを動かすために“/etc/postfix/main.cf”を設定しなければいけないな。赤井くん、ファイルの修正部分だけを抜粋したメモがあるから参考にして。ホスト名とドメイン名は環境に合わせて変更するんだぞ。

08-05 “/etc/postfix/main.cf”の編集例。該当する部分を赤字のように変更する。

赤:え〜っと、これでいいのかな? 南さん、できました。

先輩:設定ファイルを有効にするため、Postfixを再起動してみよう。

08-06 変更した設定ファイルを有効にするため、postfixを再起動する。

赤:これで、Postfixの設定は完了ですか?

先輩:そのとおり、完了だ。

服:では、次はPOPサーバの設定ですね。

先輩:POPはどうする?

赤:ちょ、ちょっと待って! さっき出てきた「SMTP」とか、今出てきた「POP」って何のこと?

先輩:あ、重要なことを教えてなかったな。POPは「Post Office Protocol」の略だ。簡単にいうと、メールを受信するためのプロトコルだな。逆に、送信時には、さっき出てきた「SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)」を使うんだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]