LeopardのImage KitでiPhotoを作る--一手間加えてiPDF?も作っちゃおう

木下誠(HMDT)
2008-01-30 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 前回に引き続き、画像のための強力フレームワークImage Kitの紹介を続けよう。今回もサンプルを使いながら、様々な機能を試してみよう。

iPhotoのような画像ブラウザ

 まずは、ImageBrowserというサンプルだ。Appleの開発者向けサイト、Developer ConnectionのImageBrowserでダウンロードすることができる。

 ダウンロードしたファイルを解凍して、その中にあるImageBrowser.appをダブルクリックして起動しよう。空のウインドウが表示されるので、左下にある[Add Photos…]ボタンをクリックする。オープンダイアログが表示されるので、画像ファイルを含むフォルダを指定しよう。例えば、Appleが用意したデスクトップ画像が置いてある、/Library/Desktop Picturesなどが便利だ。

 すると、そのフォルダに含まれる画像の一覧を表示してくれる。デスクトップ画像のような大きい画像ファイルでも、順々に読み込んでくれるのでストレスを感じない。

デスクトップ画像を読み込み中 デスクトップ画像を読み込み中

 また、右下にスライダーがあるのも気になるだろう。これをスライドさせると、ご想像の通り、画像サムネイルのサイズを変更することができるのだ。サイズを変更するときのパフォーマンスは、極めて良好だ。

サムネイルサイズを縮小 サムネイルサイズを縮小
サムネイルサイズを拡大 サムネイルサイズを拡大

 それだけではない。今度は、シフトキーを押しながら複数の画像を選択し、それをドラッグしてほしい。画像が並んでいる順序を、好きに変更することができるだろう。さらに、ドロップすると並び替えが発生するのだが、これもきれいな、分かりやすいアニメーションとともに行われる。

ドラッグで表示順序を変更中 ドラッグで表示順序を変更中

 Leopardでは、このような何気ない動作にも、いちいちアニメーションエフェクトが付いてくる。過度なエフェクトはむしろ操作を妨げてしまうが、Leopardのアニメーションは必然性が高く、操作の分かりやすさを向上させることに成功している。何より、操作していて楽しくなるのだ。

これが、Image Kitを使った画像のブラウズ機能だ。次ページで、動作の様子を動画で紹介しよう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ