Intel MacにSolarisを入れてみた:もちろんOS Xとデュアルブート

福田昌弘
2008-03-14 20:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エラーを回避

 “install-solaris”と入力すると、先ほど中断したSolaris Expressのインストールが再開される。この後、うまくすれば無事にインストールを終えることができる。ただし、ほとんどの場合、次のエラー画面を目にすることになる。ちなみに、筆者は、この原稿を書くために5〜6回ほどSolaris Expressのインストールを繰り返したが、エラーなくインストールを終えられたのは1回だけだった。

インストール中にエラーが発生インストール中にエラーが発生

 このエラーは、Solaris Expressのインストールプログラムの不具合によって生じているらしい。ただ、Webサイトを検索すると、この不具合の回避方法を知ることができる。

 このエラーは、オプション-F付きで実行されたfdiskコマンドがディスクに情報を書き込むときに発生するらしい。そこで、次のようにfdiskコマンドでの処理を変更してやることで不具合を回避できるそうだ。

不具合を回避するためにfdiskコマンドの動作を修正不具合を回避するためにfdiskコマンドの動作を修正

 ここでは、本来のfdiskコマンドの名前をfdisk.realに変更した後、シェルスクリプトによって新たにfdiskコマンドを作成している。このシェルスクリプトfdiskには、次のように実行権限を付与しておく。

chmod +x /sbin/fdisk

 シェルスクリプトfdiskを作成したら、再度install-solarisコマンドを実行する。今度はエラーとはならずに無事Solaris Expressのインストールが終わるはずだ。

  • コメント(1件)
#1 手作りザーギョ   2008-03-15 06:30:25
Windowsがブートできるのだから、Solarisができても
不思議ではないのだが、問題は、Solarisで何をするか?
ではないでしょうか?
OSXになってからサーバとして利用しようという場合でも
私の場合は、ほとんどのケースで問題なく使えてしまっています。
 約200人の社内ユーザ向けにイントラweb、メールサーバ、
DHCPサーバ、sambaで利用中。cpu付加的にはもう一桁行けそうです。
 問題はハードディスク容量ですね。
 あっ、もちろんOXサーバではありません。
検討段階でSolarisも候補に挙ったのですが、どうも平均以下の様な
気がして、落選でした。
これが、クライアントが数万規模、DBのトランザクションもそれなりに必要
となれば話が変わるのでしょうが、その場合、OSだけでなくハード的な要件も
かなり上げる必要が出てくると思います。私的にはこの領域でのATアーキテクチャ
は×ですね。
話は戻って、じゃぁ、"Intel Solaris”の存在場所はどこに見いだせばいいのでしょうか?

次回記事に期待します。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]