Intel MacにSolarisを入れてみた:もちろんOS Xとデュアルブート

福田昌弘
2008-03-14 20:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 [終了]ボタンをクリックするとターミナル画面が表示される。ここで、まずformatコマンドを次のように入力する。

formatコマンドを実行formatコマンドを実行

 ここではハードディスクのディスク名(c1d1)を確認した後、Ctrl-Dキーを押してformatの実行を終了する。

 次に、fdiskコマンドを次のように実行する。

fdisk /dev/rdsk/c1d1

fdiskコマンドを実行すると、次のように表示される。

fdiskコマンドを実行fdiskコマンドを実行

 ここでは、Windows用パーティションを削除した後、そこにSolaris用パーティションを作成する。このとき、Solaris用パーティションを2つ作成し、そのうちの1つを削除する。これは、Boot Campアシスタントにおいて、Windows用パーティションがMac OS X用パーティションの直後ではなく、若干の空きを設けて作成されているためだ。この「空き」が何のために設けられているのかはわからないが、いくつかのWebサイトでの情報や筆者自らが試したところでは「空き」は重要な役割を担っているようだ。

 では、Solaris用パーティションを作成しよう。まず、“3. Delete a partition”を選び、削除するパーティションとして3番目のWindows用パーティションを指定する。

Windows用パーティションの削除Windows用パーティションの削除

 次に、“1. Create a partition”、“1=SOLARIS2”を順に選び、Solaris用パーティションを作成する。このとき、パーティションでの利用割合として“1”を指定する。また、作成したパーティションを有効にするかどうかという問いに対しては、いいえを示す“n”を指定する。

Solaris用パーティションの作成Solaris用パーティションの作成

 同様に、2つめのSolaris用パーティションを作成する。このときには、パーティションの利用割合を“48”にする。また、パーティションを有効にするかどうかという問いには、先ほどと同じく“n”を指定する。

2つめのSolaris用パーティションの作成2つめのSolaris用パーティションの作成

 最後に、“3. Delete a partition”を選択し、最初に作成したSolaris用パーティションを削除する。

1つめのSolaris用パーティションの削除1つめのSolaris用パーティションの削除

 ここまでの作業を終えたら、“5. Exit (update disk configuration and exit)”を選んでfdiskの実行を終了する。

fdiskの終了fdiskの終了

 パーティションの作成を終えたら、Solaris Expressのインストール作業を再開するために次のコマンドを入力する。

# install-solaris
  • コメント(1件)
#1 手作りザーギョ   2008-03-15 06:30:25
Windowsがブートできるのだから、Solarisができても
不思議ではないのだが、問題は、Solarisで何をするか?
ではないでしょうか?
OSXになってからサーバとして利用しようという場合でも
私の場合は、ほとんどのケースで問題なく使えてしまっています。
 約200人の社内ユーザ向けにイントラweb、メールサーバ、
DHCPサーバ、sambaで利用中。cpu付加的にはもう一桁行けそうです。
 問題はハードディスク容量ですね。
 あっ、もちろんOXサーバではありません。
検討段階でSolarisも候補に挙ったのですが、どうも平均以下の様な
気がして、落選でした。
これが、クライアントが数万規模、DBのトランザクションもそれなりに必要
となれば話が変わるのでしょうが、その場合、OSだけでなくハード的な要件も
かなり上げる必要が出てくると思います。私的にはこの領域でのATアーキテクチャ
は×ですね。
話は戻って、じゃぁ、"Intel Solaris”の存在場所はどこに見いだせばいいのでしょうか?

次回記事に期待します。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]