Intel MacにSolarisを入れてみた:もちろんOS Xとデュアルブート

福田昌弘
2008-03-14 20:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Solaris用パーティションを作成

 ここまでの作業で、Solaris Expressをインストールするための準備作業のうち第1段階は終わった。DVDドライブにSolaris ExpressのDVD-Rを挿入してIntel版Macを再起動する。再起動時には、Optionキーを押して起動ディスクとしてDVDドライブを選択する。

DVDドライブから起動 DVDドライブから起動

 DVDドライブから起動したら、“Solaris Express”を選択してリターンキーを押す。

“Solaris Express”を選択 “Solaris Express”を選択

 インストール作業でのユーザーインターフェイスを指定するように促されたら、“1. Solaris Interactive”を選ぶ。この後の作業は、『Solaris 10で行こう!』の「第1回: まずはSolaris 10をインストール!」と同様のものになる。このため、詳しくはこちらを参照してほしい。

インストール作業のユーザーインターフェイスを選択インストール作業のユーザーインターフェイスを選択

 表示される内容に順に応答していきSolaris Expressをインストールするウィザード画面が表示されたら、[終了]ボタンをクリックしてインストール作業を中断する。

[終了]ボタンをクリックして、インストール作業を中断[終了]ボタンをクリックして、インストール作業を中断

 ここからSolaris Expressをインストールするための準備作業の第2段階に入る。先ほどBoot Campアシスタントを使って作成したWindows用パーティションをSolaris用パーティションに変更する。

  • コメント(1件)
#1 手作りザーギョ   2008-03-15 06:30:25
Windowsがブートできるのだから、Solarisができても
不思議ではないのだが、問題は、Solarisで何をするか?
ではないでしょうか?
OSXになってからサーバとして利用しようという場合でも
私の場合は、ほとんどのケースで問題なく使えてしまっています。
 約200人の社内ユーザ向けにイントラweb、メールサーバ、
DHCPサーバ、sambaで利用中。cpu付加的にはもう一桁行けそうです。
 問題はハードディスク容量ですね。
 あっ、もちろんOXサーバではありません。
検討段階でSolarisも候補に挙ったのですが、どうも平均以下の様な
気がして、落選でした。
これが、クライアントが数万規模、DBのトランザクションもそれなりに必要
となれば話が変わるのでしょうが、その場合、OSだけでなくハード的な要件も
かなり上げる必要が出てくると思います。私的にはこの領域でのATアーキテクチャ
は×ですね。
話は戻って、じゃぁ、"Intel Solaris”の存在場所はどこに見いだせばいいのでしょうか?

次回記事に期待します。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]