Intel MacにSolarisを入れてみた:もちろんOS Xとデュアルブート

福田昌弘
2008-03-14 20:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Boot Campでパーティションを作成

 Solaris Expressを手に入れたら、次にSolaris Expressのインストール領域をIntel版Mac上に作成する。ただし、Mac OS Xでは、Solaris用パーティションは直接作成できない。このため、まずWindows用パーティションを作成し、それをSolaris用に変更する。そこで、AppleのBoot Campアシスタントを使ってWindows用パーティションを作成する。

Boot CampアシスタントでWindows用パーティションを作成 Boot CampアシスタントでWindows用パーティションを作成

 また、Mac OS Xが作成するEFIのパーティションIDは、Solarisのインストーラできちんと認識されずにエラーになってしまう。このため、Solaris Expressのインストール前に、このパーティションIDを他のものに変更しておく。このときにはMac OS XのインストールDVDを利用する。

 Mac OS XのインストールDVDでIntel版Macを再起動し、[ユーティリティ]メニューで[ディスクユーティリティ]を選んでディスクユーティリティを起動する。そして、Mac OS Xをインストールしているパーティション(ここでは“Leopard”)のマウントを解除する。

ディスクユーティリティでマウントを解除ディスクユーティリティでマウントを解除

 次に、ターミナルを起動し、次のようにdiskutilコマンドを実行する。

# diskutil list

 実行結果が次のように表示される。

diskutilコマンドの実行結果 diskutilコマンドの実行結果

 この結果から、対象とするEFIパーティションが/dev/disk0にあることがわかる。そこで、次のようにfdiskコマンドを実行する。

# fdisk -e /dev/rdisk0

 表示されたfdiskのプロンプトに対して、まず“p”と入力しパーティションテーブルの内容を確認する。

パーティションテーブルの確認 パーティションテーブルの確認

 ここで、次のように順に入力してEFIのパーティションIDを“EE”から“AF”に変更する。

“setpid 1”と入力しパーティションIDを“AF”に変更する“setpid 1”と入力しパーティションIDを“AF”に変更する
“write”と入力し変更内容を書き込む “write”と入力し変更内容を書き込む

 変更内容を書き込んだら、“quit”と入力してfdiskを終了する。

  • コメント(1件)
#1 手作りザーギョ   2008-03-15 06:30:25
Windowsがブートできるのだから、Solarisができても
不思議ではないのだが、問題は、Solarisで何をするか?
ではないでしょうか?
OSXになってからサーバとして利用しようという場合でも
私の場合は、ほとんどのケースで問題なく使えてしまっています。
 約200人の社内ユーザ向けにイントラweb、メールサーバ、
DHCPサーバ、sambaで利用中。cpu付加的にはもう一桁行けそうです。
 問題はハードディスク容量ですね。
 あっ、もちろんOXサーバではありません。
検討段階でSolarisも候補に挙ったのですが、どうも平均以下の様な
気がして、落選でした。
これが、クライアントが数万規模、DBのトランザクションもそれなりに必要
となれば話が変わるのでしょうが、その場合、OSだけでなくハード的な要件も
かなり上げる必要が出てくると思います。私的にはこの領域でのATアーキテクチャ
は×ですね。
話は戻って、じゃぁ、"Intel Solaris”の存在場所はどこに見いだせばいいのでしょうか?

次回記事に期待します。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]