第7回:続ブログサイトを立ち上げる--Solaris 10で行こう!

福田昌弘
2006-12-29 11:52:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Perlモジュールのインストール

 Sun Studio 11のインストールが終了したら、CPANからPerlモジュールを入手してインストールする。実際のインストールは、次のようにPerlコマンドに“-MCPAN -e shell”を指定してCPANシェルを起動して行う。初めてCPANシェルを起動したときには、数多くの設定項目が表示されるが、あまり悩まずにReturnキーを押し続けても問題ない。

CPANシェルの起動 CPANシェルの起動。

 CPANシェルが起動したら、プロンプトに対して“install DBI::DBD”と入力する。これによってDBIモジュールがCPANからダウンロードされてインストールされる。DBIモジュールのインストールが終了したら、続けて“install DBD::mSQL”と入力してDBI::mysqlモジュールをインストールする。ちなみに、DBI::mysqlのインストール時にMySQLのインストール先の指示を促されたときには、“/usr/sfw”を指定する。

Movable Typeの設定

 ここまでの作業を終えると、Movable Typeによるブログサイトの起動まで「あと一歩」となる。Movable Typeの動作は、“mt-config.cgi”という設定ファイルで制御されている。ZIP形式で提供されたMovable Typeのファイルを展開したときには、mt-config.cgiは存在していない。代わりに、このファイルの元となる“mt-config.cgi-original”が用意されている。このため、まず、次のように入力してmt-config.cgiを作成する。

mt-config.cgiの作成 mt-config.cgiの作成。

 設定ファイルmt-config.cgiを作成したら、その内容を変更する。mt-config.cgiでは、次の3か所の内容を変更する。また、PostgreSQLやSQLiteなどの他のデータベースをMovable Typeが誤って使用しないように、MySQL以外のデータベースに関する記述はシャープ符号(#)でコメントアウトするか削除しておく。



このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]