第2回:StarSuiteがあればなんとかなる!--Solaris 10で行こう!

福田昌弘
2006-11-22 15:13:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このようにOffice製品のデータ参照は、いくつかの不都合はあるものの、その互換性はかなり高いと思う。また、Office製品との互換性を向上させた最新バージョンStarSuite 8も発表されている。StarSuite 8がSolaris 10で提供されれば、使い勝手はさらによいものになると期待できる。

 次に、Webアクセスの実用性を検証してみる。Solaris 10では、MozillaがWebブラウザとして用意されている。

Solaris 10で用意されているWebブラウザ Solaris 10で用意されているWebブラウザ。

このブラウザを使うことで、通常のウェブサイトの参照は問題ない。また、デフォルトでインストールされているGNOME PDFビューアによって、ウェブサイト上のPDFファイルも何ら支障なく参照できる。

PDFファイルの参照 PDFファイルの参照。

 ここまで示したように、Solaris 10で用意されているStarSuite 7やブラウザを使うことで、オフィス内で通常やりとりされるデータはほとんど問題なく利用できる。また、今回は取り上げなかったが、Solaris 10では「Evolution」というMicrosoft Exchange対応のメール/スケジュール管理ソフトウェアも提供されている。

 つまり、Solaris 10をオフィスで使わない理由は、オペレーティングシステムがWindowsでないというだけになる。OSがブラックボックス化している現在、この理由はあまり説得力があるとは思えない。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]