第1回:まずはSolaris 10をインストール!--Solaris 10で行こう!

福田昌弘
2006-11-16 17:48:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しばらくそのまま待つと、インストール作業で使うユーザーインターフェースを選択するように促される。ここでは、デフォルトの“1. Solaris Interactive”を選ぶために“1”を入力する。

Solaris 10導入(その2) GUIでのインストールを選択。

 “1. Solaris Interactive”を選択すると、GUIのために使用するX Window Systemに関する情報を収集するためにしばらく待たされた後、その結果が次のように表示される。表示内容に問題がなければ、リターンキーを押してインストール作業を続行する。ちなみに、キーボードの種類など表示内容に誤りがあったときには、ESCキーを押すことで内容を訂正できる。

Solaris 10導入(その3) X Window Systemに関する情報を自動収集。

 リターンキーを押してインストール作業を続けると、X Window Systemが起動され、言語選択のウインドウが表示される。ここでは、日本語を選択するために“4”を入力する。ちなみに、X Window Systemは、カーソル位置によってフォーカスが移動するため、入力時にはカーソルをウインドウ内に入れておくようにする。これを忘れると、入力した文字がウインドウに反映されず、ちょっとあわてることになる。

Solaris 10導入(その4) 日本語でのインストールを選択。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]