印刷ダイアログからAdobe ReaderへPDFを送信する

海上忍
2011-10-07 21:16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スティーブの訃報に接し、さすがにヤル気が……とばかり言ってもいられないので、普段どおりに進めていきたい。なお、私からの追悼文はこちらに掲載されているので、ご一読を。

 さて、今回は「印刷ダイアログから生成するPDFのゆくえ」について。Mac OS XのPDFビューワは、OS標準の「Preview」とAdobe謹製の「Adobe Reader」が2大シェアだが、TPOで使い分けたいユーザーは多いはず。しかし、印刷ダイアログからPDFを生成する場合、メニューからの指示は「プレビューでPDFを開く」か「PDFとして保存」かの事実上二択となる。PreviewとAdobe Readerを併用しているユーザーにとっては、ここに「Adobe Readerで開く」が欲しいところだ。

 ところで先日、何気なくTerminalで/Library以下を眺めていたところ、「PDF Services」というディレクトリが。これって何だっけ……と思いつつ内容を見てみると、「Add PDF to iTunes」なるエイリアスがある。「/Applications/iTunes.app」につながるこのエイリアス、そういえばどこかで見たような。そう、印刷ダイアログ! 印刷ダイアログから直接iTunesへPDFを追加するためのメニューだ。

 他のファイルを見てみると、「Mail PDF」などのAutomatorワークフローが。もしやこのディレクトリにエイリアスを作成しておけば、印刷ダイアログに表示され、サービスメニュー風に使えるのでは? との目論見のもと、以下のコマンドラインをTerminalで実行してみた。

$ sudo ln -s /Applications/Adobe\ Reader.app "Add PDF to Reader"

 結果はビンゴ! 印刷ダイアログに「Add PDF to Reader」メニューが追加され、印刷ダイアログからAdobe Readerへ直接PDFを送信できるようになった。PreviewとAdobe Readerを併用しているユーザーなら、なかなか便利に使えるはずなので一度お試しあれ。


このように、印刷ダイアログにから直接Adobe ReaderへPDFを送信できるようになった