Macユーザーに朗報!Thunderbolt対応の外付けHDD「My Book Thunderbolt Duo」

ZDNet Japan Staff
2012-03-16 17:27:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Western Digitalは現地時間3月15日、同社としては初となるThunderbolt対応の外付けHDD「My Book Thunderbolt Duo」を発表した。

 My Book Thunderbolt Duoは、4テラバイトモデルと6テラバイトモデルの2機種を用意。最大6台までを数珠つなぎで接続(デイジーチェーン)できるため、最大6テラバイト×6台の36テラバイトまで拡張可能だ。また、データ保護やより高速なデータ転送のためのRAID構成にも対応する。

 HDDは2基搭載できるが、JBODモードに設定すると、2台のハードディスクを独立して利用することもできる。また、メンテナンス性にも配慮しており、交換にあたってはドライバーなどを利用することがないという。そのほか、Mac OS Xで提供されるバックアップ「Time Machine」にも対応する。(関連記事:「Time Machine」で急減するLionのHDD--その理由と解決策LionのHDDの空きが急減! その理由は--横着者の味方「Time Machine」

My Book Thunderbolt Duo My Book Thunderbolt Duo
※クリックで拡大画像を表示

 Thunderboltは米Intelが開発を主導したデータ伝送技術。AppleのiMacやMac mini、MacBook Pro、MacBook AirといったAppleプラットフォームを中心に採用が進んだほか、レノボのThinkPadの一部モデルなどでも搭載。本体以外にもAppleのディスプレイ「Thunderbolt Display」で採用された。

 AppleやIntelらによるデータ転送速度の比較調査では、USB 2.0が480Mb/s、FireWire 800が800Mb/s、USB 3.0が5Gb/sであるのに対し、Thunderboltは10Gb/sだとしている。

 Western Digitalでは、Macを用いたビデオや音楽編集、3Dレンダリング、高解像度グラフィクスを多用するプロジェクトでのマルチタスク処理に適したデバイスであるとしている。

 日本での発売は3月30日。想定価格は4テラバイトが5万7800円、6テラバイトが6万7800円。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ