トヨタ、Linux Foundationに参加--IT分野の取り組みを強化

ZDNet Japan Staff
2011-07-06 12:44:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車が、The Linux Foundationにゴールドメンバーとして参画することを、The Linux Foundationが7月6日に発表した。

 近年のトヨタは、車載IT技術でMicrosoftと提携したほか、自動車SNSとも言える「トヨタフレンド」の構築を目指しSalesforce.comと提携するなど、IT分野での取り組みを強化している。

 トヨタは今回の参画を契機として、Linuxへの投資を最大限に高め、自動車エコシステム全体のオープンイノベーションを推進したい考えだ。

 トヨタ自動車 第1電子開発部 主査の村田賢一氏は、「「Linuxは、車載情報機器や車載通信に対する我々のお客様の期待に応えていくための進化に必要な柔軟性と成熟したテクノロジとを兼ね備えていると考えております。The Linux Foundationは、進化を加速するオープンイノベーションのもとで、世界の優れた技術企業と協力できる中立なフォーラムを提供してくれます」とコメントしている。

 The Linux Foundationでエグゼクティブ ディレクターを務めるJim Zemlin氏は、「同社のリーダーシップと実績あるイノベーションは、Linux の発展に大きく貢献するでしょう。トヨタのLinux支持は、Linux OSの遍在性と、最新の市場要件への対応能力とを証明するものです」と期待を寄せている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ