グーグル、「Android 2.2」を発表--主要改良点は速度向上

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部
2010-05-21 08:19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Android 2.1以前のバージョンでは、MicrosoftのExchangeサーバに関してサポートが不完全だったが、Froyoでは大幅に変わっている。

 Android 2.2では、カレンダー操作に関するサポートが完全になったのに加え、電話のセキュリティ機能を要求したり、電話紛失時に遠隔からデータを消去したりするためのオプションが管理者向けにサポートされている。また、Exchangeのグローバルアドレスリストの統合により、メールアドレスを手作業で保存する必要がなくなった。

 カメラについては、現在は静止画に限られているLEDフラッシュを使った撮影が、動画で可能になる。また、ズーム、フラッシュ、ホワイトバランス、ジオタグ、フォーカス、露出レベルの画面コントロールが提供される。

 Froyoでは、Android搭載電話をポータブルWi-Fiホットスポットにすることができる。3G接続ができないモデルの「iPad」でも、Wi-Fi接続を使えばFroyo端末経由でネットに接続できる。

 Bluetoothに関しては、連絡先情報の交換が無線で可能になる。Bluetoothは、机上または車内のドックで使うことができる。

 Androidに対する不満の1つに、内部メモリが比較的制限されていることがあった。内部ストレージが8Gバイトある「HTC Incredible」などの機種を除けば、容量を必要とするゲーム開発者などにとって状況は厳しいものだった。

 Froyo 2.2では、内部メモリだけでなく、SDメモリカードの上にアプリケーションの保存が可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]