Linux初心者がやってしまいがちな10+の過ち

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2010-05-17 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxを使い始めて間もない人は、初心者ゆえの過ちをおかしてしまいがちだ。しかし、そういった過ちを避けるための支援を行うことにより、彼らのストレスを大幅に軽減することができるのである。

 Linuxに慣れていないユーザーは、(誰でもそうであるが)たくさんの過ちをおかすものである。しかし、落とし穴になりそうなところが事前に分かっているのであれば、ストレスの原因を大幅に減らすことができるはずだ。筆者は以前、新米のLinux管理者がおかしがちな過ちについての記事を執筆したことがあるものの、Linuxデスクトップの初心者がおかしがちな過ちについては採り上げたことがなかった。そこで本記事では、Linuxデスクトップの初心者にありがちな過ちを紹介する。

#1:Windowsを使っていると思い込む

 Windowsを使っていないことは誰でも分かるはずだと思うかもしれないが、そんなことはない。平均的なユーザーは、Windows以外のOSというものが存在しているということさえ分かっていない。事実、平均的なユーザーの大半は、Windows 7やWindows Vista、Windows XPの違いもはっきりとは認識していない(Windows 7を「自分の意思で入手した」という場合でない限り)。このため、すべてがWindowsと同じように動作する(あるいは同じように「動作しない」)と思い込んでいる初心者もいるというわけである。エンドユーザーに対しては、今までとは異なったOSを使っているのであり、動作も異なっているということを認識してもらう必要がある。

#2:exeファイルを実行しようとする

 WINEのことについて調べておき、インストールしておかない限り、.exeを拡張子に持つファイルをダブルクリックしても何も起こらない。しかしエンドユーザーは、ファイルをダブルクリックしても何も起こらないことに憤慨するのである。筆者はこれまでに、数多くのエンドユーザーがWindows向けのアプリケーションをダウンロードし、Linux上で動作させようとするのを見てきている。Windows上ではWindows用のアプリケーションしか動作しないのと同様に、Linux上ではLinux用のアプリケーションしか動作しないということを、ユーザーに対して明確にしておくべきである。WINEを使えばこういったことを行う必要がなくなるのはもちろんである。しかし、初心者にWINEを使わせるということはまず無理だろう。

#3:初心者向きではないディストリビューションを選択する

 ユーザーにとっての最も大きな問題の1つは、初心者向きではないディストリビューションを選択してしまうというものである。初心者の目線から、GentooやSlackware、Fedoraといったディストリビューションを見てほしい!これらはいずれも優れたディストリビューションであるものの、初心者にとっては荷が重すぎるのだ。もしもあなたが、これから初心者を支援しようとしているのであれば、初心者のためにも自らのためにも、慎重にディストリビューションを選択するようにしてほしい。選択にあたってはユーザーの能力やニーズ、ハードウェアを考慮に入れる必要がある。皆が勧めるからという理由だけでUbuntuを選択したりしてはいけない。初心者向けのディストリビューションは世の中に数多く存在している。それらを詳しく検討してから選択するべきである。

  • コメント(10件)
#1 anonymous   2010-05-17 12:28:07
ファイル名に空白は使えるような気がするが…
#2 anonymous   2010-05-17 21:54:52
ファイル名の問題はファイルシステムに依存すると思うのですが...
最近のLinuxでよく使われるext3,4などでは空白は使用できます
#3 anonymous   2010-05-18 05:35:31
textの改行相違があり、データ共有には苦労する。
このくらい合わせてほしい。
#4 anonymous   2010-05-18 05:40:12
次の2つがおすすめである。
・puppyは、ライブCDでも個人データを登録でき、メモリ上で高速動作する。
 データサイズが小さく、高速動作で、インターネット&メイルに最適です。
・ubuntuは、沢山のソフトが動作するので、本格的に使ってみたい人に最適です。
この2つを使ってみればLinuxがだいたい分かると考えます。
#5 anonymous   2010-05-18 05:47:26
Linuxは、puppyでもubuntuでもフォーラムがあるので、そこに質問すれば大抵のことが解決します。
解決しないのはハードウェアのドライバがらみでしょう。
ドライバの入手はwindowsに較べてとてもむずかしいです。
・有線LANは即認識しますが、無線LANになると結構大変です。
・特にプリンタとスキャナはlinuxのソフトが対応しているものを購入すべし。
結局、linux対応したハードウェアを使うことが一番と思います。
#6 anonymous   2010-05-18 05:55:28
「Linuxだからという理由でセキュリティをなおざりにする」
=>linuxはなくても問題ないのでは?そこが一番のメリットと思う。
 ・メイン使用ではなく、サブ使用の場合はどうでもいいと思います。
 ・ライブCDで便利に使えるpuppyなどは問題ないと思う。
 ・そもそもくそうるさいwindowsのセキュリティは最悪
  =>インストールしたソフトを勝手に削除されたこともある。
 ・PCの進化はセキュリティを意識しなくてもいいように設計&進化してほしい。
  =>ソフトはバックグラウンドで勝手に動作してユーザは一切意識しないとか。
セキュリティはもっと進化すべし。
l
#7 anonymous   2010-05-18 06:02:01
「アップデートを見送る」
=>ubuntuは6カ月ごとに新バージョンが出るので、アップデートは不要です。
   新しいバージョンが出たときにインストールして新機能を試せばいいと思います。
   特にubuntuのアップデートは量が多く、時間がかかるので、問題なく必要がなければ
   次のバージョンまで問題ない。
   Linuxの新バージョンはすぐに出るので、動作していればアップデートは不要と考えます。
   上記は、サブ使用を想定して記述しています。メイン使用の場合は考慮してください。
#8 skytel   2010-05-18 09:21:46
日本で使う場合、きちんとローカライズされているかも重要だと思います
#9 anonymous   2010-05-18 09:33:16
#3から#7のような人がいるから、啓蒙が必要なわけです・・・
#10 anonymous   2010-05-19 13:39:07
コマンドラインでも、DOS/Windowsの違いが落とし穴になりがち。
DOSで cd はカレントディレクトリを表示、そのつもりで
Unixで cd とすると cd ~ なので、、いつのまにかホームディレクトリに、、
カレントディレクトリの表示は pwd
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]