アップル、「iPhone OS」イベントを開催--発表内容をライブカバレッジ

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:編集部
2010-04-09 01:50:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10:41:iBooksがiPhone/iPodでも利用可能に。大きさは、iPad版より小さくなる。

10:43:書籍は、デバイスに依存せず読めるようになる。どのページまで読んだかが他のデバイス間で同期可能になる。「Winnie the Pooh」が無償でバンドルされる。

10:44:企業向けの新機能を紹介。Fortune 100企業の80%がiPhoneを利用。向上したデータプロテクション。PINコード付きの添付ファイルを含めたメールの暗号化。モバイルデバイス管理、リモートからのiPhoneの導入および管理。無線によるアプリ配信。カスタムアプリの無線による配信。

10:45:複数Exchangeアカウントのサポート、Exchange Server 2010のサポート、JuniperおよびCiscoのSSL VPNをサポート。

10:46: Game Centerと呼ばれる新しい開発者プレビューを紹介。「ゲーム用ソーシャルネットワーク」で、マッチメイク、友達の招待、スコアボード、成績などの機能を持つ。2010年後半に提供可能に。

10:47:「iAd」と呼ばれる新しいプラットフォームを紹介。OS 4.0に組み込まれるモバイル広告とJobs氏。

10:48:開発者が利益を得られるための支援をしたいとJobs氏。

10:49:Jobs氏は、デスクトップ上での広告は検索により容易だと述べる。しかし、ユーザーはアプリケーション内で多くの時間を過ごす。「ここにこそ、広告を提供する機会がある」(Jobs氏)

10:50:「平均的ユーザーは1日30分アプリ内で過ごす。毎日、デバイス当たり10広告となる。2010年末までに1日当たりの広告インプレッションを10億得たいと思っている」(Jobs氏)

10:51:「『インタラクション』と『エモーション』を届ける」とJobs氏。「テレビ広告とウェブ広告の中間に位置するもの」(Jobs氏)

10:52:iAdは、ユーザーをアプリ内に留める。「場合によっては作業を中断する必要があるため、アプリ内広告をクリックすることは煩わしかった」とJobs氏。開発者は、アプリ内にiAdを追加でき、60%の売り上げを得られる。売り上げと在庫はAppleが処理する。

10:54:Jobs氏、iAdをデモ。新聞を読むためのアプリを使う。「Toy Story 3」の広告をクリックすると、全画面で表示される。「すべてHTML 5で出来ている」(Jobs氏)

11:01:Jobs氏、今日のまとめに入る。

11:02:iPhone 3Gと第2世代iPod touchは、マルチタスクのような機能は実行できない。

11:03:iPad用OS 4.0は今秋。イベントは終了。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]