インテル、「AppUp Center」で「Moblin」ネットブック用アプリを受付開始

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉
2010-03-29 11:10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、アプリケーションの販売を目指す開発者に売り場を提供する「AppUp Center」に、Linuxベースのネットブック用OS「Moblin」に対応するバージョンを追加して提供開始した。

 AppUp Centerは、主にネットブックに搭載されるIntelの「Atom」プロセッサを対象としたオンラインアプリケーションストアで、2010年1月にWindowsアプリケーション用のベータ版が公開された。Moblin版もベータ段階であり、どちらのストアについても、現在は米国およびカナダの消費者が利用できる。欧州のユーザーには現地時間3月31日に公開される予定だ。

 Moblin版AppUp Centerは現在、「Moblin 2.1」対応アプリケーションを受け付けているが、将来的には「MeeGo」用アプリケーションを取り扱う予定だ。MeeGoは、MoblinとNokiaの「Maemo」プラットフォームを融合させるもので、2010年2月に発表され、両OSを受け継ぐことになる。Intelによると、MeeGoへの移行により、開発者はネットブックだけでなく、スマートフォンや他の家電製品も提供先として想定可能になるという。

 開発したアプリケーションは、「Intel Atom Developer Program」を通じてAppUp Centerに登録できる。開発者は同プログラムにより、自作のソフトウェアの価格と販売地域を設定できる。Atom Developer Programの登録手順には、同プログラムの対象国に新たな国が加わった場合、そうした国を自動的にアプリケーション提供地域に追加するチェックボックスも含まれる。

 Intelはまた、開発者に対し、「Million Dollar Development Fund」の第1弾である「Fast Track 2010」が3月31日に締め切られることを改めて周知した。これは、Atomチップセット用にアプリケーションを作成することへの関心喚起を目的としたプログラムだ。同ファンドでの取り組みにはまた、8月16日に募集を締め切る「Intel Atom Developer Challenge」もあり、大賞のアプリケーション2点にはそれぞれ5万ドル(3万4000ポンド)相当が贈られる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]