Linux Foundation、アジア版「LinuxCon」を展開へ

冨田秀継(編集部)
2010-03-01 20:12:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Linux Foundationは3月1日、2009年10月に開催した国際会議「Japan Linux Symposium」を「LinuxCon Japan / Tokyo 2010」と改称し、9月27〜29日にかけて開催することを発表した。あわせて、発表者の募集(Call for Participation:CFP)を開始している。

 昨秋開催したJapan Linux Symposiumには、世界各国から開発リーダーが約60人、来場者が約1500人集まったという。The Linux Foundationでは「アジア地域におけるLinux開発者の意見交換の場として大成功を収めた」との認識で、今後、同イベントを北米最大のLinuxカンファレンス「LinuxCon」のアジア版と位置づけ、2010年から「LinuxCon」の名称で展開することになったとしている。

 今回発表されたLinuxCon Japanの発表者を5月14日まで募集する。詳細はウェブサイト「LinuxCon Japan / Tokyo 2010 | Call For Participation (CFP)」の記載にある通り。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ