Linuxマシンから、リモートのWindows 7を使う方法

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2010-02-09 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RDPを有効にする

 Windows 7のデスクトップにRDPで接続しようとする前に、まずRDPサービスを有効にする必要がある。これには、Windows 7の仮想マシンで次のような作業を行う必要がある。

  • [スタート]メニューをクリックする。
  • [コンピューター]を右クリックする。
  • [システムのプロパティ]を選ぶ。
  • [リモートの設定]をクリックする。
  • [このコンピューターへのリモート アシスタンス接続を許可する]と[リモートデスクトップを実行しているコンピューターからの接続を許可する(セキュリティのレベルは低くなります)]の両方をオンにする。

 これらの設定を行ったら、[OK]をクリックして適用する。

Linux RDPクライアント

 LinuxのRDPクライアントの中でも信頼性が高く使いやすいものの1つに、Terminal Server Client(tsclient)がある。このソフトウェアは、デフォルトでUbuntuのデスクトップにインストールされているはずだ。もしなければ、Ubuntuソフトウェアセンターを起動して、「terminal server」を検索し、[Terminal Server Client]の項目をクリックした後、右向きの矢印をクリックし、最後に[インストール]をクリックすればよい。

 このソフトウェアがインストールされていれば、[アプリケーション]メニューの下の[インターネット]サブメニューで見つかるはずだ。このソフトウェアを立ち上げると、tsclientのメインウィンドウが表示される(図C)。

tsclientの設定画面
図C ご覧の通り、Windows 7のデスクトップに接続するための設定項目は少ない。

 信じられないかも知れないが、Linuxから接続するのに必要な作業は非常に少ない。必要なのは、次の情報を入力することだけだ。

  • 接続したいWindowsデスクトップのIPアドレス
  • ログインする際に使うユーザー名
  • そのユーザーのパスワード

 これらの情報を入力して[Connect]をクリックすると、新たなウィンドウが開き、リモートのWindows 7デスクトップのインスタンスが表示される(図D)。

UbuntuマシンでWindows 7のリモートデスクトップを使う
図D Windows 7を動かしている仮想マシンのインスタンスが、RDP経由でUbuntuのデスクトップマシン上に表示されている。

最後に

 今回の設定は、RDPの汎用性を示している。Windows 7マシンで遠隔から作業をするのに、必ずしもWindows 7をもう1台必要とするわけではない。Windows 7マシンの管理は、Linuxデスクトップで遠隔から行うこともできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]