Linuxコミュニティ参加の意義を経営層に啓発--Linux Foundation

富永恭子(ロビンソン)
2010-02-08 10:43:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人会員の特典を拡大、第2回シンポジウムの日程も発表

 2月からは国内の個人会員の特典が拡大されるという。これまでの「@Linux.com」メールアカウントの提供に加え、トレーニングの10%割引、Dell製PCの優待価格販売、オライリー・ジャパンが発行する日本語書籍の優待価格販売、そして「Japan Linux Symposium 2010」登録料の30%割引などが発表された。

 今回、国際技術シンポジウム「Japan Linux Symposium」について、Linux Foundationは、2010年の活動計画の中で、第2回を2010年9月27~29日に開催することを明らかにした。「Japan Linux Symposium」は、昨年10月に初開催され、Linux FoundationのフェローであるLinus Torvalds氏が基調講演を行うとともに、国内外60余名の開発リーダーを招聘し、1500名余の来場者を集めている。また、Linux Foundationが主催するモバイル端末向けのLinuxディストリビューション「Moblin」についても、その開発、普及促進を加速するための「Moblin Seminar Spring 2010」を4月21日に開催するとしている。

 Linux Foundation新ジャパンディレクタの福安氏の海外での活動は、4月14日からサンフランシスコで開催される「Collaboration Summit」が皮切りになるという。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]