Windows 7は気に入った--でも、Windows 8に望むのはこんなこと

文:Adrian Kingsley-Hughes(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-12-21 11:14:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 以前にも書いたように、筆者はWindows 7が気に入っている。実際のところ、このOSがかなり好きである。古き良きWindows NT 4.0の頃を思い出させてくれるのだ。とは言うものの、あの頃と今では時代が違う。筆者は、複数の異なるOSが世の中に出回っており、それらを使い分けることのできる今の状況に満足しているため、Windowsに惚れ直したというところまでには至っていない。それでもWindows 7によって、Windowsは「やればできる子」であるという事実に改めて気付かされた次第だ。

 とは言うものの、Windows 7に対してこのような感情を抱いているからといって、改善の余地がないと思っているわけではない。実際のところ、Windows 8で実現してもらいたいことを既にリストとしてまとめている。本記事ではそれらを紹介したい。

カスタムインストーラ

 そう、今は21世紀なのだ。OSをインストールするドライブとは別のドライブにデータを格納するという設定は、インストール時に簡単に行えるようになっているべきである。現行のインストーラはまったく時代遅れの代物であるため、Windows 8で大きく改善されることを願っている。

ファイルの圧縮形式に対するサポートの改善

 圧縮ファイルを取り扱う無償のオープンソースツールは、非常に優れているものが数多く存在している。なかでも筆者のお気に入りは7-Zipだ。このツールは、マイナーなアーカイブにも対応している。これに対してWindowsでは、ZIPアーカイブを別にすれば、その他の一般的な圧縮ファイル形式にさえ未対応となっている。このことは、ある意味驚きである。

ウイルス対策ソフトウェア/スパイウェア対策ソフトウェア/ファイアウォールの統合

 この項目は筆者にとって当たり前のように思える。MicrosoftはWindows 8において、すべてのセキュリティソフトウェアを1つのアプリケーションとして提供すべきである。

タスクマネージャーの改善

 Windowsタスクマネージャーは非常に便利なツールである。とは言うものの、このツールは最初に登場してから何年も経っており、とっくの昔に改良されていてしかるべきである(ちょっとした機能追加を別にすれば、Windows NT 4.0の頃からほとんど変わっていない)。SysinternalのProcess Explorerほど複雑かつ多機能である必要はないものの、機能が増えることでより便利なものになるはずだ。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-12-29 21:33:59
カスタムインストーラーは、次期バージョンで実現してほしい機能です。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ