マイクロソフト、「Microsoft Visual Studio 2010」ベータ2日本語版の一般提供を開始

岩本有平(編集部)
2009-11-16 21:38:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは11月13日、統合開発環境の次期製品となる「Microsoft Visual Studio 2010」ベータ2日本語版の一般提供を開始した。製品版については、2010年上期にも提供する予定だ。

 Visual Studio 2010では、統一モデリング言語(UML)ダイアグラムに対応したほか、アーキテクチャモデルと実装されたコードを比較、チェックする機能を追加した。また、Silverlightにも標準対応。加えてマルチモニタでの利用も可能になった。

 また、.NET Frameworkについては、バージョン2.0から4.0までの環境をサポート。先日発売されたばかりの新OS「Windows 7」やクラウドサービス「Windows Azure」にも対応するのに加え、マルチコア対応アプリケーションの開発に向けて、並列処理のパフォーマンス分析機能やスレッド単位でのデバッグ機能も実装した。

 テスト機能についても大幅な強化を実施している。デバッグ履歴を取得し、過去の状態にさかのぼり状況を確認できる「インテリジェントトレース」機能を備えたほか、Windows Presentation Foundation(WPF)ベースのデバッグツール「テストアンドラボマネージャー」を新たに提供する。このデバッグツールを利用すれば、テスト手順の自動作成のほか、スクリプトおよび動画でのテスト手順記録などが可能。バグの発見時には、スクリーンショットや動画をつけて開発チームに報告するといった機能も用意する。

 Visual Studio 2010では、ユーザーから「構成が複雑」という声もあった製品構成についても変更した。設計から開発、テスト、導入までのアプリケーションライフサイクルすべてに対応する最上位版「Visual Studio 2010 Ultimate」をはじめ、開発工程の機能を集約した「Visual Studio 2010 Premium」、基本機能を提供する「Visual Studio 2010 Professional」の3エディションをラインアップ。

 これに加えてテスト機能を単体で提供する「Visual Studio Test Elements 2010」、テスト環境を仮想環境として作成する「Visual Studio Team Lab Management 2010」、チームでの開発をサポートするサーバ製品「Visual Studio Team Foundation Server 2010」を用意する。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]