Windows XPとWindows 7のデュアルブートシステムを構築し、スムーズな移行を実現する

文:Greg Shultz(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-10-28 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リサイズ処理をスタートさせるには、[Apply]ボタンをクリックする。すると、確認のダイアログボックスが表示され、続いて警告メッセージが表示される(図D)。続行するにはそれぞれ[Yes]をクリックする。

図D 図D [Apply]ボタンをクリックした後は、いくつかのダイアログボックスから指示を与える必要がある。

 最後に[Yes]ボタンをクリックすると、システムが再起動され、Partition Master環境が起動し、リサイズ処理が行われる。リサイズが完了すると、システムがシャットダウンするため、手動でシステムを再起動する必要がある。なお、リサイズ作業の完了時には、Partition Masterの画面に、作業が完了したというメッセージが表示され、通常通りWindows XPが起動できるようになっているはずである。

 Partition Masterを再び実行すると、変更後のパーティションの状態が表示されるはずである(図E)。この後、Partition Masterを終了させれば、Windows 7のインストール準備が整ったことになる。

図E 図E Windows XPの起動後にPartition Masterを実行すると、パーティションの状態を確認することができる。

Windows 7の新たなパーティションへのインストール

 まず最初に、Windows 7のDVDをDVDドライブに挿入してから、システムを再起動する。システムがDVDから起動した後は、通常通りにインストール作業を開始すればよい。インストールの種類を選択する画面では、[カスタム(詳細)]を選択する(図F)。

図F 図F インストールの種類を選択する画面では、[カスタム(詳細)]を選択する。

 Windows 7のインストール場所を選択する画面(図G)では、新たに作成したパーティションを選択する。そして[次へ]ボタンをクリックし、通常通りにインストール作業を進めていく。

図G 図G 新たに作成したパーティションを選択し、[次へ]ボタンをクリックする。

  • コメント(3件)
#1 anonymous   2009-12-21 10:37:22
それってサポセンに聞くようなことではないですし、そもそも対応した人の実名を出して発言するような事でしょうか。他国人の名前だからといって。
あなたの発言はCNETで今までに拝見した発言の中で最も不快です。率直に言って倫理観に疑問を感じますし、同じ日本人として不快です。
サポセンを試すようなことをせず大人同士の対話をしてください。
その手の話題は技術系のフォーラムで聞いて下さい。
#2 anonymous   2010-03-06 11:24:59
このままではWindows 7がプライマリOSになりますので、XPを通常使用される方には多少不便です。また、以前のバージョンの・・・ というのも気分がよくありません。フリーソフトのEasyBCD(NeoSmart Technologies)をインストールすれば、プライマリOS、自動起動開始までの待機時間、OSの名称が簡単に変更できます。デュアルブートシステムを常用している者として、一言付け加えさせていただきました。
#3 鷹の目   2014-06-08 07:57:56
このままだとWinXp32Bitが動くように見えるが実際は3TのHDDは動かないのでまぎらわしい。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]