Windows XPとWindows 7のデュアルブートシステムを構築し、スムーズな移行を実現する

文:Greg Shultz(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-10-28 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あなたも他の多くのWindowsユーザーと同様に、Windows Vistaに移行することなくまだWindows XPを使い続けているかもしれない。そうであれば、10月22日が待ち遠しかったことだろう。やっとその日が来てWindows 7を使えるようになった。あなたのシステムが比較的新しいもの(3〜4年というところだろうか)であれば、MicrosoftのWindows 7 Upgrade Advisorを実行してもWindows 7のシステム要件を余裕で満たしている可能性が高いだろう。

 しかし、あなたはまだWindows XPを捨て去る気になれないかもしれない。Upgrade Advisorの互換性チェックで問題ありとされたアプリケーションがある場合もあるだろうし、Vistaへのアップグレード時に手痛い目に遭った記憶がよみがえってくるかもしれない。どのような理由にせよ、新しいOSを使ってみたいものの、すべてをWindows 7に移行する気にはなれないという人もいるに違いない。

 そこで、Windows 7をデュアルブート設定でインストールするというアイデアを検討することになるわけだ。そうすることでWindows XPとWindows 7のいずれか好きな方を起動できるようになるため、試用目的でWindows 7を使えるようになるという大きなメリットが生み出される。Windows 7を試用している最中に何らかの仕事を行う必要が生じた際にも、再起動してWindows XPを立ち上げることができるわけである。また、このように設定することで、Windows 7への移行もスムーズなものとなる。

 自らの設定やドキュメント、アプリケーションをWindows XPからWindows 7へと移行する場合、Windows XPを起動して設定内容を確認した後、Windows 7を起動して同じように設定することで、作業をずっと容易なものにすることができるはずである。Windows 7で何かがうまく動作しなかったり、望み通りに設定できなかったとしても、手持ちの作業があればWindows XPを起動して片付けてしまえるわけだ。その後、時間ができた折に、再びWindows 7を起動し、設定作業の続きを行うこともできる。

 設定作業がうまく終了し、Windows 7を使って快適に仕事を行えるようになったのであれば、その後どこかのタイミングでデュアルブート設定をやめたいと思うはずである。その際には、Windows 7をプライマリOSに設定した後、Windows XPを削除すればよい。こういった移行をできる限りスムーズに行うためには、Windows XPとWindows 7を同じハードディスク上の別々のパーティション上にインストールしておく必要がある。

 ハードディスク上に1つのパーティションしかないという場合、今までであればサードパーティー製の高価なディスクパーティショニングソフトウェアを使って注意深く作業を行わなければならなかった。幸いなことに、こういったことは今では昔話となっている。今日では、Easeus Partition Master Home Edition 4.0.1(以降、Partition Master)をはじめとする、素晴らしいパーティショニングソフトウェアを無償で使用することができる。そして、何よりも素晴らしいことに、Partition Masterを使用することで、データに影響を与えることなく安全にパーティションの変更を行えるようになっている。

 本記事では、Partition Masterを用いて既存のWindows XPのパーティションサイズを変更(このツールを用いることで簡単に行える)した後、Windows 7を同じハードディスク上にデュアルブート設定でインストールするまでの操作を紹介している。また今後の記事では、デュアルブート設定をやめ、Windows 7をプライマリOSに指定するための方法を紹介する予定にしている。

  • コメント(3件)
#1 anonymous   2009-12-21 10:37:22
それってサポセンに聞くようなことではないですし、そもそも対応した人の実名を出して発言するような事でしょうか。他国人の名前だからといって。
あなたの発言はCNETで今までに拝見した発言の中で最も不快です。率直に言って倫理観に疑問を感じますし、同じ日本人として不快です。
サポセンを試すようなことをせず大人同士の対話をしてください。
その手の話題は技術系のフォーラムで聞いて下さい。
#2 anonymous   2010-03-06 11:24:59
このままではWindows 7がプライマリOSになりますので、XPを通常使用される方には多少不便です。また、以前のバージョンの・・・ というのも気分がよくありません。フリーソフトのEasyBCD(NeoSmart Technologies)をインストールすれば、プライマリOS、自動起動開始までの待機時間、OSの名称が簡単に変更できます。デュアルブートシステムを常用している者として、一言付け加えさせていただきました。
#3 鷹の目   2014-06-08 07:57:56
このままだとWinXp32Bitが動くように見えるが実際は3TのHDDは動かないのでまぎらわしい。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]