VirtualBoxを用いてWindows 7をLinux上にインストールする

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-10-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 7のインストール

 仮想マシン内にWindows 7をインストールするメリットは、通常のインストールと全く同じやり方でインストールが可能になるという点にある。この状態でCD/DVDドライブにCDを挿入し、新しく作成した仮想マシンを選択し、VirtualBoxメインウィンドウの[起動]ボタンをクリックする。すると、期待通りインストールが行われる。

 引っかかるところがあるとすれば、それは最後に仮想マシンが該当インストール用の適切な解像度を設定できないというところだろう。このため、VirtualBoxのGuest Additionsをインストールする必要がある。これは難しい作業ではない。仮想マシンの実行中に[デバイス]メニューを開き、[Guest Additionsのインストール](Install Guest Additions)を選択するだけだ(図G)。

図G 図G Guest Additionsをインストールするには、仮想マシンを実行していなければならない。

 ここでGuest AdditionsのCDが見つからないという警告が出るだろう。それと同時に、Guest Additionsのイメージをダウンロードするかどうかが照会される。このため、[はい]をクリックし、[ダウンロード]を選択してファイルをダウンロードする。ダウンロードが完了すると、Guest Additionsのイメージをマウントしてよいかが照会される。承認すると、Guest Additionsのインストールが開始される。このツールのインストールは、一般的なWindowsアプリケーションのインストールと同様である。インストールが完了すると、仮想マシンをリブートする必要がある(Windows 7をリブートすることになる)。Windows 7の再起動後には、以下のことが可能にある。

  • 高解像度設定が可能になる
  • 右Ctrlキーを押してマウスを切り替える必要がなくなる
  • シームレスモードで(つまり、孤立したウィンドウ内ではなく)Windowsを実行できるようになる
  • ゲストとホストの間でコピー&ペーストが可能になる
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]