VirtualBoxを用いてWindows 7をLinux上にインストールする

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-10-20 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VirtualBoxの実行

 GNOMEの[アプリケーション]メニューから[システムツール]サブメニューを選択すると、インストールしたVirtualBoxが表示される。初めてVirtualBoxをオープンした際には、(図Aのような)仮想マシンは表示されていないはずである。このため、まずは仮想マシンを作成する必要がある。

図A 図A このウィンドウから新しい仮想マシンを作成できるだけでなく、仮想マシンのすべての詳細を表示させたり設定を変更することができる。

 新しい仮想マシンを作成するには、[新規](New)ボタンをクリックして「新規仮想マシン作成ウィザード」を開始する。起動時の画面では[次へ]をクリックする。何らかの指定が必要な最初の画面は「仮想マシン名とOSタイプ」(VM Name and OS Type)画面である(図B)。Windows 7をインストールする場合、以下の情報を入力することになる。

  • 名前(Name):あなたが使用しようとしているOSのバージョンを識別する名前を指定する
  • オペレーティングシステム(Operating System):Microsoft Windows
  • バージョン(Version):Windows 7
図B 図B オペレーティングシステム欄の右横に表示されるアイコンは、指定したOSによって自動的に選択される。

 こういった情報を入力したのであれば、[次へ](Next)ボタンをクリックする。次のステップ(図C)では、この仮想マシンに割り当てるメインメモリのサイズを設定することになる。ここでは、この仮想マシンにインストールするOSがWindows 7であるため、快適に動作させるうえで少なくとも1GバイトのRAMを指定する必要がある。また、快適に動作させるためには、ホストマシン上に十分なRAMが搭載されている必要もある。

図C 図C VirtualBoxは512Mバイトのメモリサイズを推奨するものの、Windows 7はそれだけでは十分とは言えない。

 メインメモリのサイズを設定したのであれば、[次へ](Next)をクリックする。次に表示されるのは、仮想ハードディスクの作成画面である(図D)。仮想ハードディスクをまだ作成していないのであれば、「新規仮想ディスク作成ウィザード」が自動的にポップアップする。既存の仮想ハードディスクがある場合、[新規ハードディスクの作成](Create new hard disk)か、[既存のハードディスクを使用](Use existing hard disk)かを選択する必要がある。後者を選択した場合、その仮想ディスク上にあったデータはすべて削除される。

図D 図D [起動ディスク](Boot Hard Disk)にチェックを入れておく必要がある。

 [次へ](Next)をクリックすると「新規仮想ディスク作成ウィザード」がオープンする。「ようこそ新規仮想ディスク作成ウィザードへ!」という画面の次の画面では、ディスクを[可変サイズのストレージ]にするか[固定サイズのストレージ]にするかを選択するようになっている。[可変サイズのストレージ]にすると必要に応じてディスク容量が拡張される。このため、10Gバイトの動的ディスクを作成した場合、最初から10Gバイト確保されるわけではなく、必要に応じて10Gバイトまで拡張されることになる。[固定サイズのストレージ]を設定すると、最初から10Gバイトが確保される。次に進むには[次へ]をクリックする。

 次の画面(図E)では仮想ディスクの場所とサイズを設定することになる。たいていの場合、場所は既に指定された状態となっている(そしてそれは、あなたの指定した仮想マシンの名前となっているはずである)。サイズは必要なディスク容量に応じて、スライダを左右に動かすことで設定できる。サイズが選択できたら[次へ](Next)をクリックする。

図E 図E

 指定した内容は、最後の画面で確認することができ、[完了]をクリックすることで新規仮想ディスクの作成が完了する。仮想ディスクの作成を完了すると、新規仮想マシン作成ウィザードの最終画面に戻るため、あとは[完了]ボタンをクリックするだけとなる。これでVirtualBoxのメインウィンドウが表示され、ウィンドウ内に新しい仮想マシンが表示されているはずである(図F)。

図F 図F この図ではWindows 7のインスタンスが2つ表示されている。このようにすることで、新たなOSのリリースや、さまざまな設定のテストに重宝する。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]