古いXPマシンをWindows 7にアップグレードしてみる

文:Ed Bott 翻訳校正: 石橋啓一郎
2009-10-16 08:36:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パート2:XPからWindows 7へのアップグレードの選択肢を検討する

 Windowsのインストールについては、2つの考え方がある。一方の考え方は、ソフトウェア企業はアップグレードをできる限り簡単にできるようにすべきだというものだ。この意見の人は、新たなOSへの切り替えを行う際に、アプリケーションの再インストールやデータの移行などの作業が必要になるべきではないと考える。とにかく、そのまま使えるようになるべきだという考え方だ。これに反対の意見を持つ人は、多くのOEMのPCには無駄なソフトウェアが最初から詰まっており、Windowsは時間が経つにつれいろいろなことがおかしくなっていくので、新たなスタートを切るには、クリーンインストールが最上の方法だと論じる。

 私の考えでは、これら2つの間のどこかに最善の答えがある。

 まず1つには、OEMのPCにプレインストールされているソフトウェアがすべて無価値だというのは誤った偏見だ。よいOEMには(確かにそういうものも存在する)そのシステムに合った正しいドライバ、ユーティリティ、パッチが含まれており、すべての機能が確実に正しく動くようにしてくれる。これは、通常版のWindowsをインストールしようとする場合に、ウェブカメラや生体認証デバイス、コントロールボタンなどをすべて完全に動作するようにするのが困難を極めるネットブックなどでは、非常に重要になる。

 しかし今回の場合、この議論には事実上意味がない。Windows XPからVistaでドライバモデルは劇的に変わっており、Windows 7でも、Vistaの場合ほど劇的ではないにせよ、いくつかの種類のデバイス(ビデオドライバを含む)が大きく変わっているためだ。

 このソニーのノートPCについては、直接のアップグレードは文字通り不可能だ。これによって、選択肢は3つになった。

 私は最初の選択肢を放棄した。これは、このマシンをまずWindows XP ProfessionalからWindows Vista Businessにアップグレードし、その後Windows 7 Professionalにアップグレードするというものだ。第1に、これには非常に長い時間がかかる。第2に、これでは間もなく届く安価なWindows 7 Home Premiumを使うことができない。このアップグレード方法では、ずっと高価なWindows 7 Professionalが必要になる。そして最後に、このやり方では、このシステムが抱えている性能の問題を解決できないのではないかと私は心配した。

 その代わり、私は2つめの選択肢を実行した。これは、Microsoftが推奨するもので、Windows Easy Transferを使って、ファイルと設定を外部ドライブにコピーするという方法だ。その後、Windows 7をクリーンインストールし、Windows Easy Transferを使ってファイルと設定を転送し、必要なプログラムがあれば再インストールする。このシステムにはデータファイルは1Gバイト以下しかなかったため、この作業は非常に楽なものとなった。

Windows Easy Transfer

 データの量が少なかったため、コピーにかかった時間はわずか数分間だった。この選択肢を選んだことで、ハードディスクの再フォーマットを行うことも可能になり、不要なリカバリー用パーティションもなくすことができた。再フォーマットされてきれいになったハードディスクへのフルインストールにかかったのは約45分間で、これが終わった段階で、このシステムには48Gバイト以上の空き容量があった。

のこり容量は48Gバイトになった

 データファイルの書き戻しには、さらに10分ほどかかった。次はプログラムの番だ。結局、Lisaがこれまでインストールした大量のプログラムのうち、本当に使われているものはほんのわずかしかないことがわかった。私はFirefox、Thunderbird(Lisaのお気に入りのメールプログラム)、AdobeのFlashとAdobe Reader、Windows Live関係のプログラムをダウンロードしてインストールした。LisaはOffice 2003、Adobe InDesign CS3、Dreamweaverの原本のプログラムディスクを持っており、これらはすべて1時間ほどでインストールできた。

 ほとんどすべてのドライバはWindows Updateで見つかり、その中にはIntel 915GMのものもあった。私は、不明なデバイスになっていたフラッシュメモリカードスロットと、Firmware Extension Parserを有効にするために、ソニーのサイト(Windows Vista対応のページ)から2つのアップデートプログラムをダウンロードし、インストールする必要があった。

デバイスのリスト、不明なデバイスが2つある

 この方法では、移行には全部で約4時間かかった。手元に外部ハードディスクがあった(1つは持っているべきだ)ことと、ソニーのサイトで必要なドライバを探す方法を知っていたことが役に立った。

 また、私は1つ小さな変更を行った。予備の2Gバイトのメモリスティックを使い、これをReadyBoost専用に使うことにしたのだ。この機能はVistaではがっかりさせられるものだったが、Windows 7では修正され、本来約束されていた性能の向上をもたらしてくれる。すべての作業が終わると、このシステムではデスクトップが立ち上がり、インターネットに接続され、ウェブブラウザが完全に立ち上がるまでにかかる時間は2分以下になった(ちなみに、そのうちの35秒間はソニーのハードウェアが起動するまでの時間だ)。今回の場合、アップグレードをしたことで元のXPの状態から、起動に必要な時間は半分にになった。使ってみると、Windows 7がインストールされた状態では、XPの場合よりも、試したすべてのプログラムがきびきびと動作するように感じられた。

 次は3つめの選択肢である、LaplinkのソフトウェアPCmoverを使った場合だ。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-10-19 10:28:44
友人は、XPからVistaにアップグレードしてから、起動もアプリケーションの動作もおそくなり、MicroSoftにだまされたとずっといってます。そういう人も7にアップグレードすると価値があるんでしょうか。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]