仮想ハードディスクを使ってWindows 7のマルチブート環境を構築する

文:Greg Shultz(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-10-07 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、仮想ハードディスク(Virtual Hard Disk:VHD)を用いることで、Microsoft Windows 7のテスト環境を複数個用意する方法を紹介している。これにより、時間とお金を節約するとともに、イライラを減らすことができるはずである。

 Microsoft Windows 7を試用しているうちに、この新OSを複数個用意しておき、さまざまなコンフィギュレーションや設定、アプリケーションの組み合わせをテストしたいと考えるようになる人も多いはずだ。こういったテスト環境を構築するために複数のマシンを用意し、Windows 7をインストールしておくというのもよいが、1台のPC上に複数のOSを簡単に、かつ時間をかけずにインストールしておく方法があれば素晴らしいのではないだろうか?

 これを読んで、そんなアイデアは以前からあると考えている方も多いことだろう。確かに、デュアルブートシステムを構築したり、Windows Virtual PCを利用することで簡単に複数のWindows 7環境を1台のPC上に構築することができる。しかし、これら2つのやり方を組み合わせることで、デュアルブートのためのディスクパーティション分割を行うことなく、かつWindows Virtual PCのような仮想管理システムを別途使用することもなく、双方のメリットを享受できるとすればどうだろうか?そしてこの場合、何よりも嬉しいことに、仮想化の対象はハードディスクのみであるため、ハードウェアの持つすべてのパワーをフルに活かすことができるのだ!

 最近筆者は、MicrosoftがVHDからWindows 7を起動できるようにするためのさまざまなテクニックを提供しており、これを利用することでデュアルブートのような起動設定が可能になるということを知った。こういったテクニックとは、Windows 7のWindows Image Format(WIM)ファイルをVHDに変換したり、Sysprepを用いて既存のWindows 7をVHDに複製したり、Windows 7のDVDとDiskPartコマンドラインユーティリティを用いてVHDを作成するといったものである。

 これらのテクニックのいずれを選択するのかは、あなたの手持ちのリソースによって異なってくる。Windows 7のWIMファイルを持っている、あるいは既にWindows 7のVHDファイルがあるという場合、前者2つのテクニックのいずれでも簡単に利用できるはずである。また、どちらのファイルも持っていないという場合でも、3つ目のテクニックを利用することができる。いずれのテクニックも、必要な手順さえ知っていれば比較的簡単に実行できるものとなっている。

 本記事では、Windows 7のDVDとDiskPartユーティリティを用いてVHDを作成する方法を説明する。(他のテクニックについては、今後採り上げる予定である。)

注意

 VHDのこういったテクニックを実行するにあたり、いくつかの制限事項があるということを知っておいてもらう必要がある。まず最初に、このテクニックは、既存のWindows 7上での適用が前提となっている。(Windows Vista上でも実行できるはずだが、ブートマネージャをWindows 7のものに置き換える必要がある。ただし、筆者自身はまだ実際に試していない。)2つ目に、VHD上ではハイバネーションを使用することができない。3つ目に、BitLockerで保護されているWindows 7システムのVHDから起動することはできず、VHDにBitLockerを適用することもできない。

 (現時点において筆者は、こういったテクニックがWindows 7のProfessionalエディションとUltimateエディション、Enterpriseエディションでのみ利用可能になると考えている。)

  • コメント(4件)
#1 anonymous   2009-10-08 00:18:43
使用条件違反?

Windows環境下に複数のWinを構築する仮想環境とは違い、仮想ハードディスク環境を使ってWindows7のマルチブート環境を構築するするということは
もはや仮想OS環境とは言えず、記事にもあるとうり「ハードディスクの仮想化」ということになります
この事実はその数だけWin7のライセンスを持っていないとライセンス違反になるということを意味するのではないでしょうか?

この辺の条件規約をあいまいに使用条件違反を無意識に誘発するような安易な記事はいかがなものでしょうか?
#2 anonymous   2009-10-12 02:28:34
>この事実はその数だけWin7のライセンスを持っていないとライセンス違反になるということを意味するのではないでしょうか?

そんなことはないと思います。
ライセンスはHDに対してではなく、PCに対して適用されるものです。
複数台のHDDを搭載したPCにそれぞれWindowsを入れることは特段問題ないはずです。
#3 anonymous   2010-04-01 11:10:32
記事の通りに進めていったのですが、P.3の図Dで警告を無視して[次へ]ボタンをクリックすると、さらに「既存のシステムパーティションを使用できませんでした。必要な空き領域がありません。」という警告が出て、先に進めません。
手元の環境は、Windows7 Ultimate 64bit(日本語)で、仮想ハードディスクには100GBを割り当てて、同じOSをインストールしようとしています。
何か、思い当たることがありましたらお教えいただけますと幸いです。
#4 anonymous   2010-12-13 17:08:47
私も#3の方と全く同じ状況です。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ