WindowsファンはSnow Leopardを好きになれるか?

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-10-06 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は最近、技術的な興味から、Windows 7を搭載したPCだけではなく、Mac OS X Snow Leopardを搭載したMacも使っている。その目的は、既に身に付けているWindowsの知識に加えて、Appleのハードウェアおよびソフトウェアの知識も実地に身に付けることにある。双方のプラットフォームそれぞれの強みと弱みをより深く理解することで、コメント欄でOSに関する論争が巻き起こった際に意見を論理的に主張できるようになるはずだ(コメント欄である程度の時間を過ごした経験のある方であれば、いずれの陣営もちょっとしたことで熱くなるということをご存知だろう。筆者はLinuxマシンも所有しているものの、今月いっぱいはMacに関して注力するつもりにしている。どうかその点をご理解いただきたい)。

 馴染みのないプラットフォームで日々の仕事を行えるようにするという作業だけでも、興味深い挑戦となった。筆者は、喫茶店や出先ではなく自宅の机で仕事を行っているため、できる限り大きなディスプレイを接続したデスクトップPCを愛用している。このため、Macには解像度が1920×1200の24インチディスプレイを接続した。本当はデュアルモニタにしたかったところだが、Mac miniに搭載されているIntel GMA950グラフィックスプロセッサには無理な相談であった。

 Snow Leopardへのアップグレード(関連英文記事)は平穏のうちに終わった:作業は約1時間で完了し、問題は何も発生しなかった。アップグレードの完了後、Boot Campアシスタントを用いてシステムドライブのパーティションを分割し、Windows 7 Home Premiumをインストールした。これでまったく同じハードウェア上でWindows 7とSnow Leopardを稼働させ、一般的なタスクのパフォーマンスを比較できるようになった。なお、いずれのシステムでもパフォーマンスに問題を感じることはなかった--不満はない。

Boot Campのコントロールパネル

 さてここからが本題だ。まず、日々の仕事に役立つソフトウェアを揃える必要がある。ある1つのものを除き、必要とするものは、すべて見つけることができた。以下にその内容をカテゴリ別に紹介する。

デフォルトのウェブブラウザ

 Safari 4.0を試用してみたが、まったく好きになれなかった。動作速度は苦痛に感じるほど遅く、LastPass(関連英文記事)とうまく連携できないという点がどうにも我慢ならなかった。Firefox 3.5の方がずっと高速であり、筆者自身使い慣れており、PCで使用している一連のアドオンもうまく動作する。結論は簡単に出すことができた。

  • コメント(5件)
#1 anonymous   2009-10-06 23:06:35
Macのリモートデスクトップは、Microsoft製のRDCクライアントがありますよ!
#2 anonymous   2009-10-07 14:29:20
WMA 形式のファイルを再生したいなら、なぜ Perian をインストールしないのですか?
#3 anonymous   2009-10-07 14:36:08
Mac だと 1Password が事実上のスタンダードなので、LastPass がどこまで力を入れるか次第ですね。Safari は、メモリを食うので、遅いと思われたのはそのためでは?
#4 anonymous   2009-10-07 20:18:18
そもそもWindows OSとMacintosh OSを比較すること自体意味がない.

UIも思想も使い勝手も,もはやちがうものになってしまっているし,それぞれ利用者により好き嫌いがお互いにでてくるはず.好きor嫌いの感情が絡む比較である以上,これは批判しあうだけになるのが落ちではないか?
誤解をおそれずにいえば,「宗教論争」でしかない
#5 anonymous   2009-10-08 19:18:35
まぁ、ここに書いたところで筆者に伝わるとは限らないんだけどね
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ