MS、「Windows 7 XP Mode」の開発を完了--提供開始日を明らかに

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟
2009-10-02 08:05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月1日、「Windows XP Mode」の開発が完了したと発表した。Windows XP Modeは、「Windows 7」ユーザーが同OSでは動作しないプログラムを実行できるよう、「Windows XP」の仮想バージョンを稼動可能にする。

 今回の発表でMicrosoftは、無料提供されるWindows XP Modeのコードが確定し、MicrosoftがWindows 7の一般発売を開始する22日に提供されることを明らかにしている。

 また、PCメーカーは販売システム上でWindows XP Modeを搭載して提供可能になると、Microsoftは説明している。

 Microsoftは4月に、Windows XP Modeの提供計画を初めて公表した。Windows XP Modeは主に中小企業を対象とし、Windows 7または「Windows Vista」上で適正に動作しないプログラムを現在も利用しているユーザーが容易に移行を進められるようにサポートする目的でリリースされる。

 とはいえ、Windows XP Modeの利用には、「Windows 7 Professional」「Windows 7 Enterprise」「Windows 7 Ultimate」のいずれかのバージョンが必要となる。

 さらに他の複雑な点として、Windows XP Modeを用いるためには、CPUの仮想化支援機能がサポートされたPCが必須で、あまりコンシューマーには馴染みのない同機能の起動作業が求められることになる。

 Windows XP Modeの内部に目を向けると、「Windows Virtual PC」エンジンおよび「Windows XP Service Pack 3(SP3)」のライセンスコピーの2部構成になっており、ともにMicrosoftによってダウンロード提供される予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ