Windows 7発売迫る!--OSアップグレードにまつわる3つの「べからず」神話を考察しよう

Shannon Kalvar 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-09-18 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神話3:景気の最悪期に大規模なプロジェクトや事業上の価値の低いプロジェクトにかかわるべからず

 資本市場は非常に緊縮した状態にある。そのため、企業はリース調達に再び大挙して押し寄せている。リース契約には処理上難しい点が多いが、この状況ではそれも障壁にはならない。利益が減少し、失業率は上昇している。さしあたり目に入ったわずかな回復の兆しといえば悪化率の減少で、実際に回復が進んでいるわけではない。

 こうした厳しい状況の下では、OSは言うに及ばず「画期的」なソフトウェアを販売するのは至難の業だ。技術的な特徴や美学は別として、オペレーティングシステムは人々の仕事の仕方を根底から変えるものではない。例えば検索を今よりも容易にしたりはするが、それ自体は勤労のパラダイムを変革するような要素ではない。

 このアプローチはまっとうなものだが、ある重要な点を見落としている。新しく「何か」を実行しよう(新たな事業価値を実現しよう)としながら組織の事業の進め方を完全に再構築するには、大規模な変革が求められる。当事者が既知の事象についての知識を十分に持っていれば、これまでの経験を元に新しく行うことをコントロールしていくことは、難しいことではない。

 言い換えれば、ITにおける3つの神話的教訓は今でも有効だが、今とは違う時代のITから作り上げられたものであり、前提としている事業観も違う。このため、今日の環境においては100%有用なものとは言えない。

Windows 7は認識を改めるに足る存在か

 私見では、Windows 7はいくつかの点でXPやVistaから進歩しており、アップグレードに値するだけの向上が見られる。例えば次に示すような向上点が挙げられる。

  • スピードとパフォーマンス:Windows 7はすべての性能ベンチマークテストでXPを上回っている
  • 互換性:XPを当面稼働させていくことはできるが、この古いOSと新しいデバイスを組み合わせて使えないおそれがある(例えば、Windows 7には非常に有用なモバイル機器用の機能が盛り込まれている)
  • セキュリティ:Windows 7の「買って開けたばかり」の状態でのセキュリティレベルは格段に向上している。また、Vistaにはあった煩わしいUAC(ユーザーアカウント制御)プロンプトに悩まされることもない
  • 設計:Windows 7はカスタマイズ可能なオプションや機能の範囲が広い

 コミュニティではWindows 7とWindows XPを含む以前のWindowsとの比較が進められているが、そこでは非常に良好な結果が出ている。Gartner Groupは、これまで新発売のソフトウェアを決して推奨してこなかったが、その禁を破り、Windows Vistaを見送ってWindows 7に移行することを推奨している。

 さらにWindows 7は、Windows 2.0で始まって以来続けられてきた、シームレスなマイグレーションの実現に向けた取り組みを強化したように見受けられる。アプリケーションの互換性に関する新機能を見ると、展開のオプションやハードウェアのサポート、ユーザー設定のマイグレーション機能があることで、技術的には間違いなく、これまでよりもさらにアップグレードが容易になっている。

 アップグレードするかしないかは個々の組織が決定することだ。しかし、昔から伝わっているアップグレードにまつわる神話のせいでプロジェクトを後退させることはないようにしたい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]