グーグル、「Android Market」のアップデート内容を明らかに--新サブカテゴリなどを追加

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部
2009-09-07 11:17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの「Android Market」が刷新される。

 GoogleのEric Chu氏は米国時間9月3日、間もなく登場するAndroid向けアプリケーションストアの次期バージョン1.6において、いくつかの新機能が追加されることをAndroid Developersブログで明らかにした。

 開発者は、スクリーンショット、アイコン、解説などを提供することで、自作アプリケーションをより効果的にプロモーションやアピールできるようになる。

 Chu氏によれば、「スポーツ」「健康」「テーマ」「コミック」という4つの新しいアプリケーションサブカテゴリが追加されるという。開発者は、新作と既存のアプリケーションの両方について、これらのサブカテゴリに分類することが可能だ。

 Chu氏はその理由を明らかにしなかったが、イタリアのAndroidアプリケーション開発者は、特別な配慮を受けている。イタリアの開発者は、パブリッシャーのサイトを呼び出して、自作アプリケーションをアップロードし、現在顧客が有料アプリケーションを購入可能なすべての国の中から、特定の国をターゲットにすることができるようになる。

 Chu氏がブログとともに発表した動画では、更新されたインターフェースに(うわさ通り)「Top Paid」「Top Free」「Just In」などの新しいボタンが追加されていることや、画面の右上に検索ボタンが配置されていることが分かる。

 Googleは、Appleの「iTunes Store」に相当するAndroid版のアプリケーションストアとして、1年前にAndroid Marketを公開した。それ以来、Googleは同ストアで自作アプリケーションを発表する開発者を引きつける努力をしている。開始当初は、無料のアプリケーションのみが公開されていた。しかし、Googleは1月、より多くの開発者に参加してもらうため、Android Marketで有料ソフトウェアを販売できるようにした。

 そのほかにも、優れたアプリケーションを開発したプログラマーに賞を贈る年次の「Android Developer Challenge」を設けるなど、Googleは開発者を引きつけるためのさまざまな方策を実施している。

 しかし、AdMobが先日発表した調査結果によると、Android搭載携帯電話の所有者のうち、アプリケーションを購入したことのある人は半分に満たないという。購入しない人はその理由として、魅力的なアプリケーションが少ないことや、支払い方法が限られていることなどを挙げている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ