TOMOYO Linuxを追い続けた編集者が見た「メインライン化記念パーティ」

神保暢雄
2009-08-20 17:50:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2007年6月に連載は開始され、その時は原田氏も戸惑いはあったことと思うが、TOMOYO Linuxの情報を発信できるならと快諾頂いたことを覚えている。

 この連載を通じて、原田氏の体温も急上昇していき、9月にはついに「メインライン化への道」と題したインタビュー記事を掲載するに至った。

 このころ、原田氏と話さない日は無かったように思う。毎日数件のメールや電話が飛び交い、次にどんな記事を書くのか、どこで何の発表を行うのか、そういった情報が筆者の元になだれ込んできた。その関係は、筆者が会社を退職するまで続いた……とはいかず、ある意味で退社した今でも続いているのが、原田氏の熱さが続いている証拠とも言えるだろう。

個性的なメンバーが噛み合って回り続けるTOMOYO Linuxプロジェクト

 さて、本題である「TOMOYO Linuxメインライン化記念パーティ」に話を進めよう。開会の挨拶を行ったのは、TOMOYO Linuxプロジェクトを支えるNTTデータの代表取締役常務執行役員 ソリューション&テクノロジーカンパニー長 SIコンピテンシー本部長 技術開発本部長 山田伸一氏だ。

 「TOMOYO Linuxが今回メインライン入ったことで、もちろんプロジェクトチームの頑張りに対して褒めたいのですが、このチームがここまでこれたのはコミュニティの皆さんの後押しがあってこそだと考えています。様々な方々にサポートして頂き、ちょっと思っていたよりは長くかかりましたが(笑)、ここまでやってこれたと思っています」

 「TOMOYO Linuxはメインラインに入って、これでようやく皆さんに使って頂けるスタートラインに立ったと考えています。決してここが『上がり』ではありません。ここから皆さんに使って頂き、ユーザーが増えることによって、はじめてメインラインに入ったことの意味も出てくるのだと考えています」

 「私はOSS推進フォーラムという団体に以前関係していたんですが、そこでの目標の1つに、カーネルコミュニティに様々な形で日本から参加する人材、特に若い人たちを増やしたいというものがありました。今回、このTOMOYO Linuxの話を聞いて、自分たちもやってみたいと思う方は、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。そのための手助けをして下さる方々がこの会場にいらっしゃっています。TOMOYO Linuxのこれからと、日本のOSSコミュニティがもっともっと発展してほしいという願いを込めて、乾杯!」

山田伸一氏 山田伸一氏

 このコールに合わせて、会場内に「乾杯」の声が響き渡った。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]