TOMOYO Linuxを追い続けた編集者が見た「メインライン化記念パーティ」

神保暢雄
2009-08-20 17:50:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱き思いを共有してたどり着いたメインライン

 「TOMOYO Linux」――熊猫さくらこと開発担当のNTTデータ 半田哲夫氏のこのネーミングセンスが、1人の編集者兼ライターである筆者に大きな影響を与えたことは紛れもない事実だ。2006年に筆者が当時勤めていた編集部の会議室で、プロジェクト・マネージャの原田季栄氏と半田氏がTOMOYO Linuxのデモンストレーションにやってきたことが、ファーストコンタクトであった。

 恵比寿にある日本SGIのSGIホールで7月3日に開催された「TOMOYO Linuxメインライン化記念勉強会」に続けて、同ビル内にある銀座ライオン恵比寿ガーデンプレイス店で執り行われた「TOMOYO Linuxメインライン化記念パーティ」で、原田氏は次のように語った。

原田季栄氏 原田季栄氏

 「TOMOYO Linuxをやるまで、特に外にも出ないで引き籠もっていたんですけど、仕事になってからなんでもやって、とうとう2ちゃんねるまで行き着いてしまいました(笑)。ユーザーの声が欲しい思って展示会にいっても何も質問されず、家に帰ってから「やる気が見られかった」とか書かれていたりして……。でも、2ちゃんねるだとフィードバックが得られたんです。そこで得られた意見を大切にしよう、そしてやってることと結果を公開し、共有して参考にしてもらおう。このプロジェクトでは、最初からその気持ちを持って変わらずにやってきていますし、これからもやり続けたいと思います」

 筆者が原田氏と出会ったころは、ちょうど「仕事になってからなんでもやって」の頃だったのだろう。両氏の第一印象は「新しいセキュリティシステムを開発した若手と、その売り込みのお守りとして抜擢された上司」といったもので、その時は原田氏がメインライン化まで突っ走るほどの熱血漢であったとは思わなかった。

 ばらしてしまうと、当初応対するはずだった編集者の都合が付かず、急遽「TOMOYO」に反応してしまった筆者が担当することになったのだが、それも1つの運命だったのかもしれない。

 組み込み系のLinuxボード上に構築されたTOMOYO Linuxでアクセス制御のデモンストレーションを見せられたときに、「これはすごいものになるかも?」という予感があった。そしてその予感が確信へと変わったのが、2007年2月8日に行われたYLUGの第72回カーネル読書会「TOMOYO Linux Night」だった。参加者の熱い言葉を体験したからだ。

 この熱いメッセージに浮かされるように、筆者もすぐに連載の打診を行った。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ