Fedora 11の仮想マシンマネージャーを使ってみる

文:Vincent Danen(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-08-17 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インストール元のメディアおよび/あるいはディレクトリを選択した後、virt-managerに対してOSのタイプを指定する必要がある。virt-managerでは、LinuxゲストやSolaris、UNIX、Windowsなどを指定することができる。

 Linuxを選択した場合、インストールするディストリビューションとバージョンを選択することもできる。こういった指定の後、CPUとメモリの設定を行う必要がある。KVMでは複数のCPUを使用することも可能であるものの、システム用として常に1個のCPUを確保しておくということを忘れないでほしい(つまり、CPUが4個ある場合、仮想マシンに3個を超える数を指定してはいけないのである)。

 仮想マシン用のストレージは、以下の手順で有効化することができる。「Select Managed Or Other Existing Storage」オプションを選択し、[Browse]ボタンをクリックする。そして次の画面で、使用したいストレージプールをハイライト表示させてから(/パーティションよりも大きなサイズのプールを新たに作成しているのであれば、ここでそれを選択する)[New Volume]ボタンをクリックし、新たなストレージボリュームを作成する。

 ここでは、プールのサイズやフォーマット、割り当てるサイズを指定することができる。例えば、Fedora 11仮想マシンのインストールイメージを作成する場合、ファイル名として「F11-install.img」を、フォーマットの種類として「raw」を指定することができる。

 最後に、次のステップでネットワークのオプションや仮想化のタイプ、アーキテクチャを選択することができる。仮想化のタイプとしては少なくともKVMとQEMUが表示されるはずであるが、KVMを選択しておく方が良いだろう。

 ここまでの作業を終えれば、仮想マシンが起動するはずである。これで、OSをインストールできるようになったわけだ。

 VMwareやVirtualBoxには搭載されているものの、virt-managerには欠けているという機能もあるかもしれない。しかし、そういった機能はvirt-managerの開発が進むうちに追加されていくはずである。また、現状から判断すると、KVMとvirt-managerがRed Hat Enterprise Linux 6におけるデフォルトの仮想化ソリューションとなるはずであるため、virt-managerは堅牢であり、かつしっかりしたサポートを得られるものとなるはずである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]