マイクロソフト、開発者向けに「Windows 7」の完成コードをまもなく公開へ

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟
2009-08-06 06:27:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 開発者向けプログラムのMSDNおよびTechNetの会員は、ついに「Windows 7」を入手できるようになる。両会員は米国時間8月6日、Windows 7のコードへのアクセスが可能となる。

 また、ボリュームライセンス契約を利用する一部の大企業も、7日にはWindows 7のコードへアクセスできるようになるが、他の契約企業は9月1日まで待たねばならないだろう。

 一方、一般の消費者および中小企業は、店頭販売またはインストール済みの新品PCの発売が開始される10月22日の正式リリースを待たねばならない。

 Microsoftは、7月後半にWindows 7の最終的なコードを完成した。

 さらに重要な日付を挙げるならば、8月20日は、Windows 7のリリース候補(RC)版を無料でダウンロードできる最終日となっている。いつまでもRC版を利用することはできないものの、若干の技術知識があるユーザーにとっては、無料でWindows 7を試用できる良い方法である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]