Windows 7 RTM (ビルド7600)を手に入れてみた

文:ZDNet.com Staff 翻訳校正:編集部
2009-08-05 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Resource Monitor

 Windows 7の新しいリソースモニター。プロセスやサービスがシステム資源やネットワーク資源をどう使用しているか知ることができる。

Resource Monitor ※クリックすると図が拡大されます

QuickTimeムービーフォーマットのサポート

 消費者が利用するようなデジタルカメラの多くが、動画ファイルをQuickTimeムービーフォーマットとして保存する。以前のWindowsでは、サードパーティ製ソフトウェアをAppleなどからインストールしなければQuickTimeムービーファイルを再生できなかった。Windows 7は同フォーマットをAAC(m4a)やH.264とともに、ネイティブでサポートする。

Support for QuickTime Movie format ※クリックすると図が拡大されます

デバイスとプリンターフォルダ

 フォルダに表示される大きなアイコンは、本物のデバイスにもっと似るようにカスタマイズすることができる。デバイスのアイコンを右クリックして機能にアクセスすることができる。

The Devices and Printers folder ※クリックすると図が拡大されます

Device Stage

 この大きなダイアログボックスは、ありがちな分かりづらいプロパティダイアログボックスと違って、ユーザーフレンドリーな外観になっている。この画像では、アップデートされたドライバが必要だと警告を発している。

Device Stage ※クリックすると図が拡大されます

システムの復元

 Windows 7でクラッシュの後にまず開くことになるのがこの画面。システムの復元機能はすべてのエディションで改善されている。「Advanced recovery methods」をクリックすると、さらに便利な機能を利用できる。

System Restore ※クリックすると図が拡大されます
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]