Linux用の優れたバックアップツール10選

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-07-29 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 信頼性の高いバックアップツールは贅沢品などではない--誰もが持っていてしかるべきものである。とは言うものの、自らのニーズを満たす機能を手に入れるために大金を投じる必要があるというわけではない。本記事では、マルチプラットフォーム対応のものも含めて、Linux用の優れたバックアップツールを紹介する。

 あなたがIT業界に身を置いているか、コンピュータのパワーユーザーであるかにかかわらず、バックアップツールは必携のツールであるはずだ。そしてバックアップツールには、定期的なバックアップや一時的なバックアップ、ローカルバックアップ、リモートバックアップを始めとする多くの機能が必要なのである。

 プロプライエタリなソリューションは世の中にたくさん存在している。そしてそれらの中には必要最低限の機能を搭載した、費用対効果の高いものもある一方で、豊富な機能を搭載した、高価なものもあるのである。これに対して、オープンソースコミュニティからもさまざまなソリューションが提供されている。以下ではLinux用のバックアップソリューションから10個を選りすぐって紹介している。なお、これらの中にはマルチプラットフォームに対応しており、LinuxやWindows、Mac OSに対応しているものもある。

#1:fwbackups

 fwbackupsは、数あるLinux用バックアップソリューションの中で最も使いやすいツールと言えるだろう。マルチプラットフォームに対応しており、インターフェースはユーザーフレンドリーであり、一時的なバックアップにも定期的なバックアップにも対応している。このツールを使うことで、tarやtar.gz、tar.bz、rsyncといった形式で、ローカルバックアップやリモートバックアップを行えるようになるのである。また、コンピュータのハードディスク全体をバックアップすることも、特定のファイル1つだけをバックアップすることもできる。その他の多くのバックアップツールとは異なり、fwbackupsはほとんどのディストリビューションのリポジトリに登録されているため、たいていの場合には簡単にインストールすることができるはずだ。また、バックアップ(定期的なリモートバックアップを含む)も復旧も非常に容易に行えるようになっている。さらに、増分バックアップや差分バックアップを行うことで、バックアップ時間を短縮することも可能となっている。

#2:Bacula

 BaculaはパワフルなLinux用バックアップソリューションであり、エンタープライズでの使用に耐えられる数少ないオープンソースのバックアップソリューションの1つでもある。しかし、エンタープライズでの使用に耐えられるということは、その他のソリューションよりも複雑であるということも意味している。その他多くのソリューションとは異なり、Baculaには以下のような複数のコンポーネントが含まれている。

  • Bacula Director-Bacula全体を管理するアプリケーションである。
  • Bacula Console-Bacula Directorとのやり取りを行うためのコンポーネントである。
  • Bacula File-バックアップ対象であるマシンにインストールされるアプリケーションである。
  • Bacula Storage-ストレージ領域の読み書きを行うアプリケーションである。
  • Catalog-データベースの利用を担当するアプリケーションである。
  • Bacula Monitor-さまざまなBaculaツールの状態を管理できるようにする、管理者向けのアプリケーションである。

 Baculaはバックアップソリューションのなかでも、設定や使い方が簡単とは言えないものの部類に入る。しかし、最もパワフルなソリューションの1つでもある。このため、あなたがパワフルなソリューションを求めており、設定をものにするために時間をかけても構わないと考えているのであれば、Baculaはお勧めのバックアップソリューションとなるはずだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]