グーグル、「Android 1.5」のSDKをリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2009-04-28 11:08:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Googleは米国時間4月27日、自ら設定した期限通り、間もなく登場する携帯電話向けOS「Android」の次期版向けに、ソフトウェア開発プログラムの最終版をリリースした。

 Xavier Ducrohet氏はAndroid開発者ブログで、Android 1.5のソフトウェア開発キット(SDK)を発表した。

 Android 1.5 SDKのリリースノートには、複数のAndroid搭載機器のエミュレートやパフォーマンス問題の測定に関する改善点など、プログラマーが興味を持ちそうな詳細情報が掲載されている。

 さらにGoogleは冗談めかして、「開発者の方々に残念なお知らせがある。Android 1.5にZilog Z80プロセッサアーキテクチャのサポートは含まれない」と付け加えている。Z80は、1970年代に開発された8ビットのチップである。

 ただし、一般の人はそんなことよりも、「Cupcake」というコードネームが付けられたAndroid 1.5の新機能群に興味を持つだろう。これには、動画のサポートや高速化されたGPS、ステレオ対応のBluetooth、速くなったウェブブラウザ、ソフトウェアベースのスクリーンキーボード、新しくなったユーザーインターフェースなどが含まれる。

 Android 1.5は、今後数カ月のうちに登場する予定だ。ドイツでは5月に、T-MobileがHTCによる最初のAndroid搭載携帯電話「G1」のユーザー向けに、Android 1.5をリリースする計画を立てている。

 Googleは、高度なウェブブラウザなどのソフトウェアを備えた、よりハイエンドなスマートフォンの開発を促進するため、Open Handset Allianceと呼ばれる開発推進団体の設立を先頭に立って推し進めた。Googleは同社のさまざまなインターネットサービスにおいて、今後モバイルコンピューティングが大きな成長をもたらすと考えている。

 T-Mobileはこれまで、米国で100万台のG1携帯電話を販売している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ