パフォーマンステスト:Windows 7のビルド7057はこれまでのビルドやWindows Vista、Windows XPよりもずっと高速だ

文:Adrian Kingsley-Hughes(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-03-23 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テスト環境

 テストマシンとして2台のデスクトップPCを使用した。

  • CPUはAMD Phenom 9700(2.4GHz)、ビデオカードはATIのRadeon 3850、RAM容量は4Gバイト
  • CPUはIntel Pentium Dual Core E2200(2.2GHz)、ビデオカードはNVIDIAのGeForce 8400 GS、RAM容量は1Gバイト

テスト内容

 今回、全部で27種類のテストを行っている。ほとんどのテストについては、見出しを見るだけでその内容を理解できるはずだ。

  1. OSのインストール--OSのインストールに要した時間
  2. 起動--デスクトップが利用可能となるまでにかかった起動時間の平均
  3. シャットダウン--シャットダウンに要した時間の平均
  4. ファイル(100Mバイト)の移動--100MバイトのJPEGファイルをハードドライブ間で移動させる
  5. 複数ファイル(合計2.5Gバイト)の移動--合計サイズが2.5Gバイトとなる、さまざまなサイズ(1Mバイトから100Mバイトまで)のファイルをハードドライブ間で移動させる
  6. ファイル(100Mバイト)のネットワーク転送--100MバイトのJPEGファイルをテストマシンからNASデバイスへと転送する
  7. 複数ファイル(合計2.5Gバイト)のネットワーク転送--合計サイズが2.5Gバイトとなる、さまざまなサイズ(1Mバイトから100Mバイトまで)のファイルをテストマシンからNASデバイスへと転送する
  8. 負荷をかけた状態でのファイル(100Mバイト)の移動--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、100MバイトのJPEGファイルをハードドライブ間で移動させる
  9. 負荷をかけた状態での複数ファイル(合計2.5Gバイト)の移動--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、合計サイズが2.5Gバイトとなる、さまざまなサイズ(1Mバイトから100Mバイトまで)のファイルをハードドライブ間で移動させる
  10. 負荷をかけた状態でのファイル(100Mバイト)のネットワーク転送--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、100MバイトのJPEGファイルをテストマシンからNASデバイスへと転送する
  11. 負荷をかけた状態での複数ファイル(合計2.5Gバイト)のネットワーク転送--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、合計サイズが2.5Gバイトとなる、さまざまなサイズ(1Mバイトから100Mバイトまで)のファイルをテストマシンからNASデバイスへと転送する
  12. ファイル(100Mバイト)の圧縮--組み込みのZIP圧縮機能を用いて行う
  13. ファイル(1Gバイト)の圧縮--組み込みのZIP圧縮機能を用いて行う
  14. ファイル(100Mバイト)の展開--組み込みのZIP展開機能を用いて行う
  15. ファイル(1Gバイト)の展開--組み込みのZIP展開機能を用いて行う
  16. 負荷をかけた状態でのファイル(100Mバイト)の圧縮--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、組み込みのZIP圧縮機能を用いて行う
  17. 負荷をかけた状態でのファイル(1Gバイト)の圧縮--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、組み込みのZIP圧縮機能を用いて行う
  18. 負荷をかけた状態でのファイル(100Mバイト)の展開--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、組み込みのZIP展開機能を用いて行う
  19. 負荷をかけた状態でのファイル(1Gバイト)の展開--DVDを.ISO形式のファイルへとリッピングしながら、組み込みのZIP展開機能を用いて行う
  20. Office 2007のインストール--DVDからUltimateバージョンをインストールする
  21. Wordで文書(10ページ)を開く--テキストのみ
  22. Wordで文書(100ページ)を開く--テキストと画像
  23. Excelで簡単なブックを開く--基本的なフォーマット
  24. Excelで複雑なブックを開く--式やグラフが含まれている
  25. DVDを焼く--CDBurnerXPを用いてWindows 7のベータ1版のISOイメージをDVDに焼く
  26. PDFファイル(10ページ)を開く--テキストのみが含まれたファイルを、最新のAdobe Reader 8を使用して開く
  27. PDFファイル(100ページ)を開く--テキストと画像が含まれたファイルを、最新のAdobe Reader 8を使用して開く

 こういった一連のテストでは、Windows XP SP3(32ビット版)とWindows Vista SP1(32ビット版)、Windows 7のビルド7000(32ビット版および64ビット版)とビルド7048(64ビット版)、ビルド7057(32ビット版)を比較している。

採点方法

 同種のテストを行った前回の記事を読んだ読者のなかには、その採点方法が判りにくいと感じた方もいたようである。しかし実際のところ、とてもシンプルな採点方法なのだ。まず、各テストをそれぞれのOSごとに行い、各タスクの完了に要した時間(3回実行した平均時間)を記録する。そして、タスクの実行時間が最も短かった(つまり1位の)OSのスコアを1に、2番目に短かった(つまり2位の)OSのスコアを2にという風にし、最も時間がかかった(つまり6位の)OSのスコアを6にしているのである。そして最後に、各テストのスコアを合計し、その値の最も小さなOS(つまり、総合的に最も優れた結果を残したOS)を勝者とするわけだ。

 では、テスト結果を発表しよう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]