Linuxの基本:KDEデスクトップ

文:Jack Wallen 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-03-17 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDE 4 デスクトップ

 この記事では、KDE 4のデスクトップを紹介する。このギャラリーを見れば、KDEのデスクトップがシンプルで使いやすいことが理解できるだろう。KDEはバージョン3からバージョン4に移行する際、いくつかの劇的な変更を行った。一部の人は、これらの変更を後戻りのように感じているかも知れない。しかし、このギャラリーを見れば、あなたはこれらの変更が前進であることに賛成してくれると思う。

 これがKDE 4のデフォルトのデスクトップだ。これを見れば、これまであなたが知っていて、頼っていたデスクトップの要素はほとんどすべてカバーされていることが分かるだろう。なくなっているのは、デスクトップアイコンだけだ。

KDE 4 Desktop ※クリックすると図が拡大されます

KDE パネル

 これがKDEのパネルだ。このパネルは、設定の仕方を除いては普通のパネルと同じように働く。このパネルの設定を行うには、まずウィジェットをアンロックする必要がある(これには、パネルを右クリックすればよい)。

KDE Panel ※クリックすると図が拡大されます

KDE メニュー

 KDE 4のメニューはタブ形式になっている。もしこの形式が好きでなければ、スタートメニューアイコンを右クリックすればよい。表示されるメニューエントリで、「従来のメニューに切り替え」をクリックすれば、標準的なメニューの形式にすることができる。

KDE Menu
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]