「Fences」を使ってWindowsデスクトップを整理する方法教えます

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-03-11 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スナップショットのリストアを行うには、リストアしたいスナップショットのイメージをクリックするだけだ。これで該当スナップショットのより大きなイメージが新たなウィンドウで表示される(図G)。このウィンドウではスナップショットのリストアや削除、リネームを行うことができる。また、スナップショットを取り直すこともできる。[Restore Snapshot]をクリックすると、新たなウィンドウが表示され、選択したスナップショットをリストアする前に現在のデスクトップのスナップショットを作成するかどうかという選択肢が提示される。

図G 図G 後日リストアする予定があるのであれば、現行デスクトップのスナップショットを作成しておく必要がある。

 デスクトップ上の何もない領域をダブルクリックするとフェンスを非表示にできるという説明を思い出してほしい。この操作を行った際に、一部のフェンス、あるいはすべてのフェンスを非表示としないように設定することもできる。これを行うには、非表示にしたくないフェンスを右クリックし、[Exclude this Fence from quick-hide]を選択する。

最後に

 筆者はずいぶん前から、Windowsのデスクトップを便利なものだと感じられなくなっていた。しかし、Fencesのお陰で、雑然として非効率的に感じることの多かったWindowsデスクトップに効率性と優雅さがもたらされるのだ。筆者は今では、使用しているすべてのウィンドウデスクトップでFencesを利用している。読者の方も、ぜひFencesを使ってみてほしい。筆者と同じ感想を抱くはずだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]