「Fences」を使ってWindowsデスクトップを整理する方法教えます

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-03-11 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各種設定

 設定画面を表示させるには、「Customize Fences」アイコンをダブルクリックするか、デスクトップ上で右クリックを行い[Edit Fences]を選択すればよい。設定画面(図D)には、[Fences]と[Customize][Tools]という3つの設定タブがある。

図D 図D 設定可能なオプションの数はそれほど多くないが、いずれも生産性の向上に役立つものばかりである。

 一番上にある[Fences]タブを使用することで、現在のフェンスのレイアウトを変更することができる。レイアウトはドロップダウンメニューから選択することができる。なお、このタブから新しいフェンスを作成することはできない。つまりこのタブは、作成済みのフェンスに適用するレイアウトを選択するためのものなのだ。デスクトップ上に新しいフェンスを作成するには、デスクトップ上でマウスの右ボタンを押しながらドラッグすることになる。新たなフェンスを作成すると、先のドロップダウンメニュー内の項目は、現在のフェンス数を反映したものとなる。

 上から2つ目の[Customize]タブ(図E)では、ラベルを表示する際の条件や、フェンスの色調や透明度、ラベルの色、フェンスに輪郭線を表示するかどうか、非アクティブ状態になった際にスクロールバーをフェードアウトするかどうかを設定できるようになっている。

図E 図E 「Show Labels...」で[Always]を選択すると、常にフェンスのラベルが表示されるようになる。ラベルを表示させたくない場合には[Never]を選択すればよい。

 上から3つ目のタブは[Tools]タブ(図F)である。このタブでは非常に有用なバックアップ/リストア機能が提供されている。この機能を利用することで、任意の時点におけるフェンスのスナップショットを保存しておくことが可能になる。そして、こういったスナップショットはいつでもリストアすることができるのだ。これにより、さまざまな仕事に合わせて複数のスナップショットを作成しておき、必要に応じて特定のスナップショットをリストアするようなことも可能になるのである。

図F 図F 必要に応じていくつでもスナップショットを保存することができる。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]