Windows Vista嫌いのユーザーがWindows 7を好きになる10の理由

文:Deb Shinder(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2009-03-10 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#9:家庭内ネットワークの設定が簡単に行える

 Windows 7では、技術に疎いホームユーザーでも簡単にネットワークの設定が行えるようになっている。「ホームグループ」という新機能により、ネットワークに接続されているすべてのWindows 7コンピュータ間でファイルやプリンタといったリソースを簡単に共有できるようになるのだ。そして「ライブラリ」(楽曲や写真、ドキュメントといった特定のファイルタイプをまとめたもの)を使用することで、「ホームグループ」ネットワーク上のファイルを、どこからでもローカルファイルのようにアクセスしたり、「ホームグループ」を縦断して検索できるようになるのである。

 Windows 7のWindows Media Playerでは、ネットワーク上の他のPCに保存されている楽曲や動画をストリーミング再生できるだけではなく、他のPC上にあるiTunesライブラリの楽曲を再生することもできるようになっている。

 また、ワイヤレスネットワークへの接続も簡単になっている。Vistaでは接続を行うためにダイアログボックスを表示させる必要があったが、Windows 7では通知領域のネットワークアイコンをクリックし、表示された一覧からネットワークを選択するだけとなっている。

#10:ライブタスクバーサムネイルの実用性が増している

 Vistaでは、タスクバーのボタン上にマウスポインタを移動させると、該当ウィンドウのサムネイルが表示されるようになっている(図D)。ただし、複数のインスタンスがある場合でも、この状態でプレビューできるウィンドウは1つだけである。

図D 図D Vistaのライブタスクバーサムネイルでは、グループ化されたタスクバーボタンにマウスポインタを合わせることで確認できるのは一番上のサムネイルのみである。

 これに対してWindows 7の同機能は、強化されてぐっと実用性が増している。グループ化されたタスクバーボタンの上にマウスポインタを移動させると、該当アプリケーションのすべてのウィンドウのサムネイルが表示されるようになっている(図E)。

図E 図E Windows 7では、グループ化されたタスクバーボタンにマウスポインタを合わせると、該当グループのすべてのウィンドウのサムネイルが表示される。

 新機能はこれだけではない。Windows Media Playerの場合には、サムネイル上に表示された再生ボタンを操作することで、サムネイル上でメディアの再生ができるようにもなっている。またIEの場合には、タスクバー上にあるIEのボタンを右クリックすると履歴が表示される(図F)。そして、その1つをクリックすることで、即座に該当ページが表示されるようになっている。

図F 図F タスクバーのボタンを右クリックすると、さまざまな選択肢が示される。IEの場合であれば、表示されたアクセス履歴のなかから選択してウェブページを閲覧したり、IEの新たなインスタンスをオープンしたり、タスクバーへの固定を解除したり、ウィンドウを閉じたりすることができるようになっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • コメント(8件)
#1 inoue61   2009-03-10 15:20:24
 ようやくWindowsというOSがまともな機能を備え、きびきびした動作をするようになるようですね。Vistaといえば購入後半年で売りとばしたVAIO-Tは今でもトラウマです。OSの起動時間が短縮されて、スリープからの復帰も数秒でできるとテスター達が書いていたのでSony Styleでかなり速いと考えられる構成にして購入を決めましたが、使い始めて数日でMac Book Proをメインに戻してしまいました。わざわざカスタマイズ用の本も購入して、速度を上げようと試みました。しかし、満足のいく速度は得られませんでした。今度こそOSがまともに動いて、アプリの動作も速くなることを期待します。当時のVAIO-Tの起動時間はSSDから起動しているにも関わらず、VAIO-T購入より2年も前に購入したMac Book Proの最下位グレードの起動時間の倍近くかかっていました。スリープの解除には数十秒かかるし、会議中にスリープしてしまうと、使いたい時に使えない状態で、「なんだよこのOSは!」となり、中古のDynabook(XP)をモバイル用に、母艦をMac Book Proにしてしまいました。30万円近い新型ノートより中古のノートの方が速かった。ただMSのことなので、実際の製品の安定性を見てからでないと不安は残ります。もう人柱になることだけは避けたいですから。スリープからの復帰が最低でもMacノートシリーズ位迄まで速くなっていることに期待します。
#2 anonymous   2009-03-11 15:54:07
結局コマゴマして使いにくいじゃん

起動時間が速くなるのは大いに歓迎する事だ

しかし、タスクバーの通知・非通知設定が何だか面倒そう
アプリが少なければいいが色んなソフトを入れた場合その設定も増えるわけだ
かえってユーザーの負担を増やしてないだろうか?

まだ、ベータ版ということだが正規版でどう変わるのか
できれば改善してほしい機能だ
#3 anonymous   2009-03-12 02:44:02
ドライバの互換性が無い内は移る気になれない。
#4 anonymous   2009-03-12 12:02:50
VISTAでは動かないがXPなら動くアプリ、たとえばアドビのちょっと古いバージョンなどが動くのならOSとして買う価値はあると思います。
#5 anonymous   2009-03-12 13:25:07
最近やっとVistaを使い始めて不満たらたらだったのですが、他にもこんなに問題あったのですね。ここに載ってない項目は変わってないとしたらWindows7も期待薄かな?
#6 anonymous   2009-03-14 00:44:03
コメントしてる人たちは可能なら試してみることをお勧めします。
予想以上の出来にMSへの評価が少し変わると思いますよ。
少なくと7に関しては今までと違って発売後すぐに特攻しようと個人的には思ってます。
#7 anonymous   2009-03-20 12:59:50
値下げ前に Ultimate プリインストールで購入したのだが、オンラインゲーム等余りにも常用アプリに動かないものが多すぎるので、結局 Xp にダウングレードして現在も Xp です。もう Microsoft の新OSを お金払って買う気力がありません。無償Upgradeしてくれないなら、このままXp使い続けると思います。あほくさ。
#8 anonymous   2009-10-31 15:24:51
多くのユーザーが使いなれたクラシックスタートメニューが完全に無くなって
MS押しつけの使いにくいスタートメニューしかないとか・・・
むじろ退化してない?
Vista目線なら進化してるように見えるかも知れないけど
XP目線だと、「さらなる劣化」だと思ふ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]